PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ごあいさつ

≫ PTAのホントのところ メニュー
すべての記事が、わかりやすく整理されたメニュー(サイトマップ)です。
 はじめて来た方、どの記事を見ていいか迷った方は、このメニューをご覧ください。



【 人気記事・おすすめ記事 一覧 】


→ PTAのない学校 『けやき小学校』の事例

→ 意外と知らないPTAの基礎知識

→ いまのPTAの問題点

→ PTA必要論 VS PTA不要論

→ 「必要(NEED)」と「オプション(WANT)」の区別をつけよう
 「必要」のラインは、人によって、大きく違うということ


○ PTAがなくても学校はやっていける(まるおさんのブログ)


○ 任意加入問題:教育の窓・ある退職校長の想い
 元校長先生のtoshi先生の記事。元校長先生だけに、説得力が違います。


★ 学校・PTAに子供がお世話になっているのだから、加入するのはアタリマエでは?


→ PTA活動 直接還元と間接還元
 PTA活動で「もの」を配るとき、非会員の子に配る配らないで悩んでるPTA向きの話

→ PTAに入ってない人の子は、PTA行事に参加できないのでは?
≫ PTA非会員はタダで恩恵うけるなんてズルイ?タダ乗り?

≫  ■「子供がヒドい目にあう」と思わせてしまっている
 よくいわれる「子供が人質にとられている」ということ。PTAと保護者同士の信頼欠如のこと。

→ PTAがないと学校がまわらないのでは?

→ 入退会自由の周知徹底のメリット


→ PTA的寓話 『パティシエ・ナイン』


★ PTA退会、役員辞退の方法

★★★ PTA退会についての記事リンク集
 実際に退会された人の体験談がたくさん。



≫ ・当たり障りのない質問で確かめる|柳下玲優 日記
  http://ameblo.jp/wasabiabo/entry-10348721232.html
 「退会します」というのが怖い人、まずは当たりさわりのない質問で様子をみましょう!
 非常にいい手法が紹介されてます。



→ とどくとおもう Ⅱ :「PTA入退会自由」と報じた朝日新聞記事

→ PTA有名サイト リンク集

→ PTA共感サイト リンク集


→ PTA体験談 リンク集
 みなさん、すさまじい恐怖体験をされてますね。(もちろん、いい体験をされている人もいますが)
 ネットの世界では、本音が出るせいか、PTAに対して否定的な意見が圧倒的に多いです。
 「Yahoo!知恵袋」のお気に入り記事集が、特にオススメ。



PTAの在り方について:燃える亀岡市民(市議)井上耕作

 PTA会長・P連会長を務められた井上耕作さんの記事。PTA会報にも載せたところがすごい。


→ PTA動画・おもしろ記事リンク集
 

≫≫ 素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA-Think! PTA!
PTA関連の情報がほんと充実してます。
リンク集、署名活動、体験談集、掲示板など。

○ Think! PTA! Open BBS
  オープン掲示板

○ 素晴らしいPTAハンドブック・規約など
 PTAが任意加入の団体であることを周知していくことに積極的な自治体が、多く出てきています。

○ 今までに御署名くださった方々
PTAを任意加入だと周知することの署名してくださった方々のご意見。ものすごく参考になります。


★★ 文科省社会教育課「任意加入の団体であることが優良PTAの大前提です」(まるおさんのブログ)

★ PTAよ成仏してくれ!(まるおさんのブログ)
 「成仏してくれ!」は「仏のように寛大な存在になってほしい」という意味だと思われます。


★★  PTAは、会員ががんで闘病中でもそれを「検出」できない。そして、役は公平に与えられる
 病気を隠し、PTA活動をしていた方が亡くなった。しかも身近で二人も。(川端裕人さんのブログ)

○ 文科省の担当者がチカラになる
○ 頼もしい正義の味方!文科省!!

 文部科学省は、PTAの実態をよくご存知のようです。
 問題があったら文部科学省や警察に行くのがベター。
 あるいは、役所の人権を担当する課へ相談に行きましょう。

≫≫ PTAについて深く考えてみた~~
 昔、わたしが書いていたブログです。 このブログとはまた違ったテイストです。



PTA自由化の概念イラストです。(クリックで拡大)
豪華客船PTA号

PTA自由化QRつき

社会状況が変わりました。共働き家庭が多くなり、PTA役員のなり手が少なくなりました。ネットの普及でPTAが入退会自由と知る人が多くなってきています。このような情勢変化にともない、「PTAが実は入退会自由であることを告知し、入会届けをちゃんと出していただいた上でPTA会員となるという準備が整ってきたのではないか?」と思いました。

PTAは、「こどもの健全な教育」を考えていく団体なのに…
「人をダマしたり脅したりするようなやり方で、入会させている」という事実を知ったとき、とても悲しかったのです。


≫  ■「子供がヒドい目にあう」と思わせてしまっている

に、詳しく書いています。
ぜひ、読んでいただきたい記事です。



ふつうは、会社でもサークルでも「●●友の会」などなんでも、重要な点については口頭でちゃんと説明してもらい、規約書に目を通した上で、納得したら、入会書にサインをして、それで入るものだと思うのです。
それなのに、、とても重要なこと(PTAがボランティア団体、入退会自由、などなど)を隠して、規約も見せないうちから強制的に入会させ、役員委員を押しつけるなんて、、、、。しかも、役員になったら、月30時間以上の労働奉仕なんて、、、、。ちょっと、問題がありすぎではないですか?



「人をダマしたり脅したり
 するようなやり方は、
 悲しく辛いことだ。」


「よくなってほしい。」




想いは、シンプルです。



娘が通う幼稚園で、「PTAが入退会自由であることを告知しよう」のテーマで話し合う場を設けていただけることになりました。
幼稚園の皆様やご縁ある方々に、PTAに関するホントのことを理解していただくために、参考になることを、このブログにて書かせていただくことにします。


より詳しくPTA事情を知りたい方は、川端裕人さんの「PTA再活用論(ネットでも読めます。本も出てます。)」と「PTA進化論(ネットで読めます。)」がオススメです。川端さんの考え方には、深く共感しています。ぜひ読んでみてください。


≫≫ 『PTA再活用論ー悩ましき現実を超えて』 ブログ版 著:川端裕人: 目次

≫≫ 「PTA進化論」 川端裕人さん



内容については、正確であるように、努めました。
PTAに関する本と法律に関する本を何冊も読みました。市の法律相談所にも行きました。教育委員会にも電話し、市のPTA協議会事務所に足も運びました。PTA役員経験者の方にも、いろいろとお話を伺いました。PTA界では有名な作家の川端裕人さんにも、メールで質問しました。
しかし、なにか間違いなどあれば、ご指摘おねがいいたします。

<<主な参考資料>>
『PTA再活用論ー悩ましき現実を超えて』 (川端裕人)
『PTAとは何か 総論編』(全国PTA問題協議会)
『PTA活動を考えよう』(全国PTA問題協議会)
『日本PTA50年の歩み』(日本PTA全国協議会)
『PTA指導者のてびき』(大阪府教育委員会)
全国PTA問題研究会
PTA、市PTAなどの広報誌
朝日新聞 2010.02.21号
読売オンライン PTA再考 シリーズ
 Wikipedia Yahoo!知恵袋
その他、PTA関係の本・サイトいろいろ 法律関係の本・サイトいろいろ



PTAよ、どうか
人にやさしい、
誠実な団体になってください。


PTAが誰にとっても、居心地のいい場になったら、ステキだとおもいませんか?

私の願いは、それだけです。 どうか、よろしくお願いいたします。


【注】
PTAやPTA活動をがんばっている方々を否定しているわけではありません。
内容上、PTAを批判しているように思われてしまうかもしれませんが、悪口を言いたいわけでもなく、争いたいわけでもないのです。
ただ、「いまのPTAにはいろいろな問題がある。PTAに意義を感じる人も、そうでない人も、居心地もいい場にするために、提案がある。それについて考えてもらいたい。」と言っているだけなのです。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

あみだで強制的に保護者会会長に
会長をやらされて副会長達に嫌がらせなど受けてはりのむしろです。毎日辛くて悔しくて何故こんな目に合うのか納得できません。書類の作成など無駄なことのため打ち合わせばかりです。後半年もあの人達に命令されるなんて耐えられません。我慢するしかないんですが。
[ 2011/11/12 14:12 ] [ 編集 ]
Re: あみだで強制的に保護者会会長に
> 会長をやらされて副会長達に嫌がらせなど受けてはりのむしろです。毎日辛くて悔しくて何故こんな目に合うのか納得できません。書類の作成など無駄なことのため打ち合わせばかりです。後半年もあの人達に命令されるなんて耐えられません。我慢するしかないんですが。

PTAは任意加入の団体ですが、一回役職をひきうけてしまった以上は、最後までやらざるをえないかもしれませんね。ただ、嫌がらせを受けているという時点で、考慮してもらえる余地はあると思います。役員のほかの人や、校長先生、人権擁護団体などに相談なさってはいかがでしょうか。嫌がらせの程度があまりにひどいならば、PTAうんぬんの問題ではなく、刑事事件の範疇にさえなると思います。
[ 2011/11/12 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。