PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自己紹介 PTAとの経緯

なんとなんと、RSSでいつもブログチェックしていた「まるお」さんのブログで、当ブログが紹介されていました!!

しかも、すっごいホメていただいてます。感激です!ありがとう!!

≫≫ おすすめの掲示板とブログ|まるおの雑記帳

このページを読んで思ったのですが、確かにあまり自分のことを書いていませんでした。いい機会なので、自己紹介です。


【たぐ】
専業主婦。3人の子持ち。


<性格>
典型的なB型。
よく「マイペース」「変わり者」と言われる。
わりと温厚で、穏やか。

<好きなこと>
研究(調べること、考えること、まとめること)
スピリチュアル、瞑想、パソコンいじり、読書、
絵を描くこと、アドベンチャーゲームなど

<苦手なこと>
人づきあい、お片づけ

<好きな食べ物>
お好み焼き、抹茶スイーツ、杏仁豆腐


<人生ポリシー>
マイケルジャクソンの神曲、『Heal The World』が、そのまま人生ポリシー。

Heal The World.
make a better place for you and for me.
and the entire human race.



世界を癒そう。
よりよい場所をつくろう。あなたと、私のために。
そして、人類すべてのために。


PTAに対する考え方も、まさにこの歌そのままの気持ちです。
本来のPTA理念に一致しているといえましょう。


<PTAとの経緯>
ある日、ニュースで「PTAは任意加入」であると聞き、「そんな話は聞いたことがない。なぜ誰も言わないのか?」と疑問に思い、調べ始める。
当時の校長先生と役員さんに「なぜ任意加入を隠すのか?」という話を聞いてみる。「そんなこと言われても…」「いままでそうだったから…」などの答えに納得せず、悲しくなり、勢いで小学校のPTAを退会する。(その後、特に不都合は無し。)
ひきつづき、PTAに詳しい知人友人の話を集め、本やネットでも調べる。
末娘が幼稚園に入る。
幼稚園のPTAも退会しようかと思ったが、園長先生やPTAの皆様がある程度の理解を示してくれたので居残る。
次の年、幼稚園のPTA会長に、私に非常に理解のある方が就任。その会長の支援もあり、PTAで「PTA入退会自由の明示化」についての話し合いの場を設けていただくことになる。その資料作りにはげむが、20ページ以上にもなり、全員分は印刷できない。内容をブログで公開し、幼稚園の方々には、ブログの紹介を書いた紙1枚を配ることとした。そのような経緯でできたのが、このブログ。「どうせなら、多くの人にも見てもらいたい」ので、ちょうど善し。
直接、PTAにひどい目にあったことは無し。役員経験も委員経験も無し。「より良い場所をつくろう。あなたと私のために。」のポリシーで動いている。

(ほんとはもっと、複雑な経緯をたどっています。かなりシンプル化して書いているだけです。)

以上です。
よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

PTA パパの強気発言

いつも硬い話ばかりなので、ちょっと今回は小話です。


うちの旦那さま(以下、パパ)のPTA発言集。
かなり強気な人です…。

【お手紙編】
私「なんかPTAからお手紙きちゃったよ。あなたのお子さんにはPTAの配布物は渡せませんとか書いてある。」

パパ「おおー。いいじゃんいいじゃん。立派な証拠になる!!ちゃんと、とっといた方がいいよ。なんなら、写真もとっておけばいい。校長先生からの手紙も、ちゃんと証拠になるから、とっておくように。」

私「なんだか、すごい戦闘態勢だなあ…。あんまりそこまでしたくはないんだけどな~。」

パパ「何を言っている! こういうのは、キチンとしとかなければならない!!」


【生まれ変わり編】
私「PTAって、すごくイヤでも、やめられなくて困ってる人、いっぱいいるみたいだよー。人から悪く思われるのが怖いんだって。」

パパ「なんで? イヤなら、辞めればいいじゃない。」

私「だから、、、仲間はずれにされたり、陰口いわれたり、、そういうのを気にして、やめられないんだって。」

パパ「そんなのは無視すればいい。」

私「・・・。パパは、言える人だからいいだろうけど、言えない人もいるの。」

パパ「そんなものは、知らない。大人になってるのにも関わらず、言えないヤツが悪い。」

私「あのねー。そんなふうに、人の痛みがわからないようなこと言ってると、今度生まれ変わるとき、『気が弱くて思ったことが言えない人』になっちゃうよ。人の痛みがわかるように、神様がそういうふうにしちゃうよ。」

パパ「生まれ変わるということは、魂が一緒ということだろう? それなら、魂の力で、言える人になってみせる!!」

私「・・・。もういいよ・・・。」




うちは、いつも、こんな調子です。

人間の価値観は多様であることの、いい見本です。

なんとなくですが、退会などは男性のほうが、言いやすいみたいですね。
もし、退会したい人がいるなら、旦那さんに請け負ってもらうといいかもしれません。

昔、書いてたブログ「PTAについて深く考えてみた~~ 」

昔、、、2008年だから、ちょうど2年ほど前に書いていたブログを発見!

≫≫ PTAについて深く考えてみた~~


小学校PTAを辞めた当時、リアルタイムで書いていたものですね。

ちょっと読み返してみましたが、なかなかイイコト書いてます。


当時も今も、基本的なスタンスは変わってないと思ってます。


しかし、今よりも、すっごく穏やかな文章ですね(笑)。ビックリしました。

顔文字などもフルに使っていますね~~。なかなかオチャメなかんじです。

当時の役員さんと校長先生に送ったお手紙も、記事にしていますので、よかったら参考にしてください。



個人的に、特にいいなと思った箇所をご紹介いたします。

≫≫ PTAについて深く考えてみた~~ PTA活動にかかる負担が大きすぎる。
より抜粋

「専業主婦固有のリスクについて」


専業主婦の人だって、介護とかあったり、他の活動をしたりしたいでしょう~。最近は給与の実質低下、物価上昇のこともあり、時間があればパートに行きたいという気持ちもあるでしょう。切実なんです。(T-T)

共働きの人より、収入は低いのだから、お金をかけての家事の軽減策(外食をするなど)もあまり使えません。おしゃれや旅行など、お金のかかることを我慢することだってあるでしょう。老後の生活資金や子供の大学費用を貯めるためのやりくりも、フルタイムの人より、よっぽど大変でしょう。

専業主婦は、専業主婦だからこそのリスクをとっているのです。

専業主婦だから、楽だということもないと思います。よしんば、楽だとしても、将来の経済的リスクをおかしてまで、その時間的余裕を選んだということを考慮するべきでしょう。いわば、その時間は、その家族が、高いお金を出して、買っているようなものなんですね。子供との時間を大切にしたいから(他にも理由は色々とあるだろうけど)、経済的アドバンテージを捨ててまで、専業主婦になっているんです。その貴重な時間を、他人が強制的に奪いなんて、やっぱり、やっていいこととは思えません。 少しくらいなら、いいかなあとは思いますが、ここまでの重い負担は、やりすぎだと思いますよ~~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。