PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

20120115朝日新聞にPTA記事

20120115朝日新聞にPTA記事

2012年、1月15日と22日の朝日新聞に、
PTAに関する記事が取り上げられました。



「入退会は自由」周知の動き


というタイトルが心強いです。


以下、関連リンク。

≫ 朝日新聞デジタル:PTA:上〈どうする?〉
  http://digital.asahi.com/articles/TKY201201140378.html?id1=2&id2=cabcabbf



≫≫ 朝日新聞記事「任意加入 周知に波紋」 魔金不思議な保護者とPTAの関係
  http://ghost.kyouiku.main.jp/?eid=121
≫ 朝日新聞記事 非会員の行事参加に課題 | 魔金不思議な保護者とPTAの関係
  http://ghost.kyouiku.main.jp/?eid=128

  「pdfあり」なのが、大変ありがたいです。



≫ 120115朝日新聞【PTA:上〈どうする?〉】 - 草履で歩きながら考える
  http://blog.goo.ne.jp/yamyam00/e/20e351217cb9dbba2ac83d4c267c8891

≫ 120122朝日新聞【PTA:下〈どうする?〉】見直す動き - 草履で歩きながら考える
  http://blog.goo.ne.jp/yamyam00/e/9c4fd6147397ab2e5f207a23a2feb84f


≫ 朝日新聞のPTA記事 ― コメントの9割は賛同意見!|まるおの雑記帳
  http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-11157500713.html

一週目の記事に、「PTAとは?」というイラスト付きの囲み記事があって、「参加は任意なの?」というQに対して、「任意」。さらに単位PTAの「上部団体への参加」も「任意」と明言されているのも、そのような「原則」、「良識」がまったく通用しない世界と長く関わってきた者からすると、感涙ものの指摘なのです。


二週目のイラスト付きの囲み記事は、これまたぱっと見、ほんわか記事なのですが、革新的な内容が紹介されています。
「PTA、ウチの場合は…」と題し、PTAの具体的な見直し策として挙げられているのは、「入退会自由の周知」、「行事や役員数を見直す」、「PTA協議会を休会、保護者会を設置」、「そもそもPTAがない」というもの。


「変わるべきは、保護者の意識・態度のほうではなく、原則から大きくずれているPTAの現体制だ」というスタンスで貫かれています。



おかげさまでPTAの記事は多数のコメントが賛否両論(9割方は記事の趣旨に賛同、1割が「入退会自由にしたらPTAがたちゆかない」のような懐疑的なものでした)寄せられ、本当に励みになりました。



≫ ぷ~た資料798-071:朝日新聞のPTA関連記事(7の1)
  http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-4984.html


≫ ぷ~た資料798-072:朝日新聞のPTA関連記事(7の2)
  http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-5000.html


私は「教師は強制加入」よりも「ストレスで休職」が気になった。




カワバタさんがPTA講演会をされたそうです。
その内容をまるおさんが非常に丁寧に解説されています。
≫ 川端裕人氏のPTA講演会に参加して(小金井教育フォーラム・PTA連合会講演会)|まるおの雑記帳
  http://ameblo.jp/maruo-jp/entry-11155563369.html

FJNさんのコメントより抜粋

会場から、
 「PTAを退会する理由として、経済的な理由、時間的な理由、などのほかに、どんな理由が考えられますか?」
というような質問がありました。
これに対し、川端さんは、
 「退会したい、退会する――それ以外に理由などありません、要りません」
といったような応答をしました。
私は、優しさに満ちた好い答えだなぁと感じました。
そして、理由を問われる筋合いなどない場合にエレガントに使われる「都合により」という言葉も思い出しました(微笑)。



この朝日新聞の記事をうけて、mixiの「PTA役員」コミュでも、
議論が活発です。
≫ [mixi] PTA役員 | 入退会自由について
  http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=287895&page=1&id=68381514



神戸新聞も、
2011年にPTA関連記事をとりあげてらっしゃったようです。
(FJNさんのブログ)
≫ ぷ~た資料821:PTAの現状・課題と改革案
  http://todoct.blog85.fc2.com/blog-entry-5073.html
スポンサーサイト

うちの小学校の卒業記念品について:追記あり

もうすぐ、娘が小学校を卒業いたします。

PTA関連の本やサイト・BBSなどでたびたび話題にあがる
「卒業記念品」の問題が目前にせまってきました。


本日、うちの小学校のPTAからご連絡をいただきました。


「非会員世帯のお子さんにも、
 実費にて、卒業記念品をお渡ししますが、いかがでしょうか。」


という要旨でした。



とても妥当な対応ではないでしょうか。


いまのPTA会長さんは、
非会員世帯の立場も、理解していただいているように感じます。
ありがとうございます。


ちなみに、

卒業記念品の内容は、
花・ボールペン・紅白饅頭の3つで、1050円だそうです。



娘に聞いてみました。

「PTAが1050円で、卒業記念品くれるらしいけど、
 それをもらうか、
 自分でなにか卒業記念の好きなものを1050円分買うか、
 どっちがいい?」



「自分で好きなもの選んで買うほうがいい」

と、娘。


というわけで、
実費での記念品贈呈は、丁重にお断りすることになりそうです。


しかし、
非会員世帯への、
理解ある対応には、感謝いたします。


ありがとうございました。



【追記】

娘の卒業式には、結局、PTA記念品をもらったようです。
卒業証書の筒や、シャーペンなど。

辞退いたしましたはずですので、実費は払っていません。


娘によると、
先生が、
「あまっているから、もらっておきなさい」
と、おっしゃったそうです。


卒業記念品などというものは、
絶対に、不足があってはならないものではあります。

ですから、2~3個、余分に用意しておくのは、
普通に考えられることです。

その余分分をもらえたということなのかもしれません。


しかし、もしかすると、
会長さんが、気を利かせてくれたのかもしれません。

あまり大っぴらに「実費もなくていいよ!」というと、
必ずといっていいほど
「ずるい」
という声が出てくるでしょう。

ですから、暗に、気を利かせてくれていたのかもしれません。



真相は、わかりません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。