PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

豪華客船 PTA号

伝説の豪華客船タイタニック号になぞらえて、PTAの入退会自由の告知をイメージした絵を描いてみました。
なかなか、わかりやすいのではないでしょうか。

(クリックして拡大)
豪華客船PTA号

タイタニック号では、たしか一等船客は救命ボートに乗れたのですが、ほかの人は乗せてもらえなかったという話ではなかったでしょうか…?

救命ボートも、必要量の半分しか載せてなかったのですよね。


PTAでは、入退会自由を明言していなくても、逃げれる人は逃げれます。

【PTA号の 一等船客】
・ お金持ち (PTAの無い学校へ子供を行かせることができるから)
・ PTA知識が豊富な人
・ 胆力のある人、気が強い人 (人の陰口を気にしない)


こういう人たちだけ、PTA号から脱出可能ですね。
たとえ入退会自由が明言されていなくても、です。


でも、より『逃げ道』を必要としてるのは、、、

【PTA活動に極度にストレスを感じる人々】
・ PTAと考え方が合わない人
・ 病気を抱えている人
・ 仕事などで忙しい人
・ 人づきあいがとても苦手な人
・ 気が小さい人


こういう人々にこそ、逃げ道が必要です。

救命ボートが必要なんです。


一部の人だけ、救命ボートが使えるのは、不公平でもあります。

やっぱり、全員が、救命ボートを使えるようにしたほうがいいですよね。そしたら、ホントに必要な人に、逃げ道が与えられます。


そんなわけで、「PTA入退会自由の明言化」してください!


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。