PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PTA入退会自由 明示 vs 隠匿 比較表

わかりやすいように、表にしてみました。
印刷用に、画像ファイルもつくりました。
PTA入退会自由化資料\PTA入退会明示vs隠匿 比較表

元ファイル(Wordファイル)もアップロードできたら良かったのですが、ここのブログでは無理みたいです。ほしい人がいらっしゃれば、送付いたします。




入退会自由の明示入退会自由の隠匿(いんとく)
2割弱の学校で実施
ほか、PTAの無い学校もあり
8割以上の学校で実施
問題が多発(隠しているだけ)
人に誠実・正直な道
子供の「いい手本」
感謝される
「ダマす」&「脅し・悪口」の道
子供の人生姿勢に悪影響
不満・恨みを買う
人に優しい、温かい、寛容
『太陽』のよう
PTAの意義を理解し協力してもらう
人に厳しい、冷たい、心が狭い
『北風』のよう
隠匿・強制・恐怖で縛ろうとする
役員など高圧的な発言多し
純粋なる「善意」「絶対ヤラナクチャイケナイ」「強制」
効率よし
適材適所・長所伸展・天の理
効率が悪い
ムダが多い・短所是正・地の理
PTAの理念および日本国憲法および
文部省の参考規約に合致

「会員になることも、会員にとどまることも、
 自覚に基づく個人個人の自由であって、
 いささかの強制もあってはならない」
PTA理念および日本国憲法から乖離
 さらに違法性のある疑いがある

詐欺罪、不法行為、プライバシーの侵害、
公務員の守秘義務違反、
個人情報の漏洩と流用、脅迫など
自己責任が原則
権利と責任は表裏一体。
正しく公正な情報を与えているのだから
適切な判断と自己管理が可能
責任は「強制した側」にあり
会員に選択権を与えていないのだから、
責任も強制した人間の側にある。
会員が心身を病んだりした場合は、
「強制した側」の責任。
加入率 85~100%
大勢に影響なし
PTAに向いてない人が退会可能
加入率 ほぼ100%
不自然
PTAに向いてない人も強制参加
全員に「逃げ道」の用意
救命ボートが全員分ある豪華客船
安心感
実質、ごく一部の人だけ退会可能
数名分の救命ボートしかない豪華客船
本当に必要な人に「逃げ道」なし
見えない不満・不安の温床
PTA活動の負担 少なめ
「いい意味での危機意識」によりスリム化
PTA活動の負担 大
役員 月30時間以上
P連役員 年700時間
PTAの理念に沿う大幅な改革がしやすい
「より優先順位の高い活動はなにか」
 という話し合いの場をもち、
 より意義ある活動へシフト。
「前年度の踏襲」が基本
マイナーチェンジのみ
本質的な変化ができない
社会情勢の変化に対応できない


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。