PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人目を気にしすぎ!!

PTAに関わっているとよくわかることですが、


皆さんとにかく、

人目を気にしすぎ!!

「他人からイイ人と思われたい…」
「他人から悪く思われたくない…」
「村八分にされるかも…」


そんな心理が、ものすごくよくわかる場なのです。




人目を気にしすぎて、

イヤなことはイヤと言えず、
自分の意見をハッキリ言うこともできず、
無難な道(今まで通り、みんなと一緒)ばかりを選びます。

それが、自分をキズつけることになったとしても、どれだけ他人に迷惑をかけることになったとしても、とにかく「他人に良く思われたい」「他人から悪く思われたくない」という心理を優先するようです。

(「人目を気にしすぎ」なら、他人に迷惑をかけるような行動をするはずがないと思われがちですが、実際は、他人に迷惑をかけることにつながることが多いので、人間心理とは面白いものです。)



その優先具合は、異常ともいえるほどです。
人生における大事なものを全て売り渡してでも、とにかく「悪い人と思われたくない」を貫き通していると感じるほどなのです。

もちろん全員がそうだというわけではなく、個人差はあるわけですが、「無難が一番」という空気が、その場に高濃度でたちこめており、逆らうことは非常に難しいものがあります。

大げさだと思われますか?
これが大げさかどうかは、PTAの現状と問題を知っていただければ、よくわかるはずです。



いま、PTAはとてつもなく問題のある組織になっています。
それは、おそらくPTAが「人のマイナス面を増幅しやすいシステム」だからでしょう。

ただ、PTAというシステムは確かに問題があるのですが、「増幅器」であるだけなのだと思います。PTAというシステムは、人のマイナス面を増幅させますが、うまく使えば、プラス面も増幅することが可能だと思うのです。

問題の根本原因は、『それぞれの個人』にあるように思います。


個人個人が、

不安・心配・人間不信・罪悪感・無価値感・不平不満・強迫観念・被害者意識

といったネガティブなものを、とにかくたくさん抱えているようです。

普通にしていると、ネガティブはそれほど目立たないのですが、よく観察していたり、なにかちょっと事があったりすると、見えてきます。
それが、PTAという増幅装置によって、恐ろしいほどにふくれあがるのです。


個人個人のネガティブがそれほどでもなければ、たとえ入退会自由が明示されていなくても、優先度の低い活動は自然と淘汰され、負担は少なくなり、お互いの事情を思いやることができる、居心地のいい場になっていると思われます。


PTAのシステムが多々問題ありなのは確かですが、やはり根本原因は個人個人にあるようなのですね。


いずれにしても、とにかく、、

人目を気にしすぎ!!

なのです。


個人的な考えですが、

PTA問題の一番の原因は、

この「人目を気にしすぎ!!」にあると思っています。



本当は、やさしい人や理解ある人は、必ず何人かはいるものですし、少々、皆と異なる発言をしたくらいではせいぜい一部の人に陰口をいわれるくらいであり、村八分になるはずがないのですが…。それに、何をしたって何を言ったって、嫌われる人には嫌われるし、好かれる人には好かれるものではないでしょうか。長年、人間観察をしてきましたが、そういうものですよ。


「人目を気にしすぎ!!」「心配しすぎ!!」という属性は、PTA以外の場では目立ちにくいです。しかし、当人の人生に強い影響を与えていると思います。じっさい、「人目を気にしすぎ!!」で、家族がバラバラで、不平不満ばかりの不幸な人生を歩んでいる人を知っています。そこまで極端な人はあまりいないと思いますが、やはり人生の本質的な部分に、かなりの影響を及ぼしていると思いますよ。

「人目を気にしすぎ!!」の背後には、強力な人間不信(自分への不信と他人への不信)があるからです。



PTAは、そのようなネガティブ感情をあぶりだし、認識させてくれるという意味では、最適な場といえます。心の修行の場として、素晴らしいのかもしれません。

せっかくの機会ですから、ご自分の心の整理に、活用されてみてはいかがでしょうか。



人目を気にしすぎ! わかりやすい例 に、続く。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。