PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人目を気にしすぎ! わかりやすい例

前回の記事、「人目を気にしすぎ!!」ですが、わかりやすい例をあげてみます。

≫≫ PTA自由化の風刺イラスト

このイラストの上半分の各キャラクターを見てください。
いずれも、「人目を気にしすぎ!!」ということが、よくわかっていただけると思います。
そして、下半分の各キャラクターは、「人は人、自分は自分」というスタンスで、自分に正直に生き、かつ、健全な人間関係を築いていることが、わかっていただけると思います。
基本的に、上半分は「人間不信」です。下半分は「人(自分と他人)を信じる力」が見えます。



≫≫ 豪華客船 PTA号
このイラストの上の船にカベがあります。救命ボートを、会員から隠しているカベです。

このカベは、「人間不信」を表していることが、お分かりいただけるでしょうか?
そして、この「人間不信」のカベこそが、高負担も、もたらしています。

いずれにしても、根底にあるのは、「人間不信」でしょう。

一人一人の、「人(自分と他人)を信じる力」が試されているわけです。



≫≫ PTA的寓話 『パティシエ・ナイン』
この『パティシエ・ナイン』は、とても好評のようです。
お菓子作りをする9人のママの人間模様の話です。
9人のママ、いずれも「人目を気にしすぎ!!」なのが、わかっていただけると思います。
世話焼きママチームのDさんEさんFさんは、人の話をまったく聞かないし、人目を気にしているようにみえないかもしれません。ですが、じつは、ものすごく人目を気にしています。
よく観察していただければ、「人に良く思われたい」という気持ちが、ありありとわかるはずです。「人に良く思われたい」という気持ちが、必要以上になければ、あのような行動に出ないはずです。「人に嫌われたくない」という気持ちも、ある程度、みてとれます。単に、善意で行動しているならば、ありえない発言も出ていると思われます。また、彼女たちが、自分に正直に生きているわけではないということも、わかっていただけるのではないでしょうか。



≫≫ PTAのここがイヤ~!(つきぐまさんの学校探検隊)
このページは全体的に、とても説得力にあふれる、すごいページです。リアリティが半端ではありません。
その中でも、特に秀逸な部分を抜粋して紹介いたします。



みんな、広報委員会は必要ないし、広報紙も作りたくないけれど、でも広報委員会を無くすのもイヤだし広報紙を無くすのもイヤなんだって。
 で、全員の回答は「広報紙を作るのはとってもイヤだけど、頑張って耐えて作る」だった…。

アンタら、マゾか?(笑)

(中略)

そう、ココで大事なのは「みんな」であり、「みんな」に従うことが「よい」ことで
「自分」に従うことは「悪い」こと。万が一にも「自分」が「みんな」とちがった場合でも
「自分」に従うことは自分勝手で「悪い」ことで、必ず「みんな」に従わなければならない。

そういう価値観が多分にある。



あとは、ご自分の体験に照らし合わせて、考えてみてください。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。