PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PTAにも、いいところが、たくさんある!

PTAにも、いいところは、たくさんあります。

今の日本のPTAは問題が大きすぎるので、本来のいいところが、見えにくくなっているだけです。もしくは、ほとんどタテマエだけの存在になり、実態がともなわなくなっているだけです。
本当は、いいところが、たくさんあるのは、承知しています。(いいところがあるからといって、いいところだけアピールして、問題点・不満の声を隠したり軽視する傾向が強いのが、PTAの特徴。だから問題が肥大化し、反感を買うわけです。せっかくの、いいところを台無しにしてしまっているのです。)



まず、理念がとても素晴らしいですね。

「子供のための環境を整えることをしよう。」
「まず、大人の成長が大事。それが一番子供のためになる。」
「有志で善意のボランティア」

まったく、素晴らしい理念です。
この理念には大賛成です!!



あと、じっさいの活動で、いいこともあります。

● 学校についての理解が深まる。
● 学校・PTA活動に対して感謝できるようになることもある。
● 子供の教育環境について考える機会を得る。
● ボランティアについて考える機会を得る。
● 活動自体が楽しいこともある。
 (個人の適性や、一緒にやる人に大きく左右される。)
● 他の保護者との交流が深まる。
● 知人・友人ができる機会を得る。
● いままで付きあいがなかった人種と接する機会を得る。
 (異文化交流の場、視野が広がる)
● こどもの環境向上に役に立つこともある。


「一つの機会」としては、非常に有効ではありますね。

ただ、個人的な考えですが、これらのことは、PTA以外でもできるし、PTA以外で個々がやったほうが効率がいいんじゃないかと思っています。今のPTAはとんでもなく非効率な団体ですから。PTAのいいところは、「機会」の一つとして、有効であるというくらいです。


これらのイイコトはありますが、あまりにも効率が悪いのです。実感できる成果に対して、かかるコスト(労力・お金・時間)が大きすぎます。

たとえるなら、、、

100円の板チョコを買うのに、わざわざ、1000円ほど出しているかんじがするのです。PTA活動に向いてない人なら、1万円出しているような気分になるでしょう。


100円の板チョコは、100円だから、ほとんどの人が買うのです。1000円になったら、どれくらいの人が買うのでしょうね? 2割もいないんじゃないですか?
その1000円を、強制的に払わせているのが、いまのPTAのようにかんじます。





「ボランティアだから、効率を考えなくていい。効率を考えてたらやってられない。」
「ボランティアだから、ウソついてもいい。」

などの声も聞きますが、、
「ボランティアなのだから、お金や労力を効率よく使わなくてもいい。大事にしなくてもいい。」という考え方が、人々を追い詰めるのです。感謝が感じられません。PTAのイメージが悪くなることにつながっています。


おまけに、いまのPTAは任意ボランティアだということを隠して、実質、強制労働団体になっていますから、ボランティア団体だと軽々しく、名乗る資格はないのではないでしょうか。


まあ、、、
個人ではできない、お金では買えないような

すばらしい心に残るような感動

を、与えてくれるような活動をされているのなら、話は別ですけど。
よっぽどのカリスマ会長でも現れないかぎり、無理な話ですね。


【参考リンク】
≫≫  伝説のPTA会長




PTAには、いいところが、いっぱいあります。



それは、認めます。

それを活かせるような団体、認めてもらえるような団体になれたらいいですね。

せっかく、いいところがあるし、一生懸命やっているのに、イメージがすごく悪くて、認めてもらえないのは、とても悲しいことですから。



【参考リンク】
≫≫ 「必要(NEED)」と「オプション(WANT)」の区別をつけよう


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。