PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝説のPTA会長

わたしが初めて出会ったPTAは、それはそれは素晴らしいものでした!!

長女が幼稚園に入った年度のPTAの会長は、とてもカリスマ性にあふれた方でした。ちなみに男性です。



【伝説のPTA会長、Mさん】


とでも、ここでは、呼ぶことにします。


わたしや友人は「すごい面白い人だ」と思いましたが、もしかしたら、「変わっている」と敬遠してた人もいらっしゃるかもしれません。
その年度のPTA役員の方々はMさん以外も、とてもいい方ばかりでした。(私の目から見て、ですが)


Mさんは、

「楽しいものにしよう!」
「心に残るものにしよう!」
「それにはどうすればいいか、考えよう!」


そんなふうに、おっしゃっていました。



そして、事実、PTA主催の夏祭りや、運動会のPTA競技は、とても面白いものに、なっていました。


Mさん自身、率先して、盛り上げ役をやってらっしゃいました。

PTA競技では、女装までして、笑いをとってらっしゃいました。


運動会に来ていた義理の両親も、「この運動会は、めちゃめちゃ良かったなあ!!」と褒めちぎっていました。

それくらい、楽しい思い出深い行事になっていたのです。




PTA関係で有名な本、「レモンさんのPTA爆談」では、PTA会長レモンさんが、熱く、PTAの本来の在り方を問うように活動されていました。そして、じっさい、楽しいPTAであったようです。

M会長のPTA活動は、レモンさんのPTA活動に似ているかもしれません。

「こんなPTAなら、たしかに、あったほうがいいなあ。子供たちのためになるだろう。人生の在り方を考えるのに、おおいにプラスになるだろう。」

と、思わせてくれるPTAでした。


ちなみに、このMさんのときのPTAは、入退会自由は明示してません。「レモンさんのPTA爆談」でも入退会自由のことは触れてませんでしたし、レモンさん自身、当時、たぶんご存知なかったのではないかと思います。


それはやはり、たいへん、問題あるとは思うのです。

が、それを補ってなお、余りある何かがありましたね。



個人的な考えですが、
大人が子供にしてあげる一番のプレゼントは、


「楽しく一生懸命に生きている人生姿勢を見せること」

だと思っています。


それを、体現したPTAだと感じました。


PTAのいいところを挙げるなら、
このような、


「個人ではできない、お金でも買えないような心に残るイベントをすること」

「楽しく熱い人生姿勢を見せること」

を、一番に挙げたいのです。



学校だけでは、それは、難しいのです。



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。