PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PTAは自己否定しているのかもしれない

PTAは自己否定しているのかもしれない

PTAは、自分で自分を否定しているように見えることが、よくあります。


本当に、自分たちの活動に意義があり、皆の賛同を得ているとおもうなら、、、

自信があるなら、、、

「入退会自由であることを隠す」なんてしないはずです。


活動に意義がないと自分で感じていたり、
皆の賛同を得られていないと自分で思うからこそ、、、

「入退会自由であることを隠す」なんていう、やましいことをしなければいけないのではないでしょうか。


なんとなくですが、

「PTAが必要! だから強制は当然!」
といっている人ほど、
自己否定しているような気がします。

本音は、自分でPTA活動を否定しているから、他人が「入退会自由」を言っただけで、過剰反応するのではないかな~~などと感じます。


自信があるなら、過剰反応しないと思います。



とまてさんのツブヤキから引用

自分の属している自動加入のPTAで、それゆえに困っている保護者が一人も無く殆どの保護者が活動に賛同してるという自信が在れば、規約に『入退会自由』と明記できる筈。この抵抗感は60年間問題を放置したツケなのかな(涙)。




引用、ありがとうございます!
 ありがとうございます、恐縮ですっm(__)m
 リアルPTAで、なんとなく矛盾している気がするときに周囲の方々に確認しようとすると、まともに返事が返らないことが多くて悲しいやら悔しいやらの日々でした。質問を無かったことにする人、いささかも疑問を持っていないように振舞う人、「PTA改革とか言い始めると余計大変だから、余計なこと言わないでね」とおっしゃる人、など、矛盾を温存する姿勢はバラエティに富んでいます(笑)。
[ 2010/07/04 22:19 ] [ 編集 ]
Re: 引用、ありがとうございます!


とまてさん、こんにちは!

書きたいことは大体書いたので、
このブログもほとんど更新もしなくなりました。
おもいついたときだけ、更新してます。

とまてさんも、いろいろな思いをかかえてらっしゃるのですね。
PTAのことにかぎらず、
まともにとりあってもらえなかったら、
辛いですよね。

わたしの場合は、けっこう直球で言ってしまうのです。
「わざと隠してるなんて、つまりダマしてるってことだと思う
のですよ~。そういうのは心苦しいんです。わたしは、自分の
良心にそって生きたいのです。だから、ダマすような方法はや
めてほしいんです。きつい言い方してしまって、ゴメンナサイ
ね。でもわかってほしいのです~。」

こういうと、「ダマしてません」とか言う人も多いですね。な
ぜ、ダマしていることにならないのか、いろいろと詳しく聞い
ているうちに、わかってくれる人もいます。

だまってしまう人も多いです。


んーでも、あまり攻撃的にこちらを攻めてくる人などはいませ
ん。

そして、まともに反論できる人も、一人もいませんでしたね。

このブログにも、なぜか、反論をいどんでくる人は一人もいな
いのですが・・・。


彼らが自分のやっていることに自信がないのは確かだと思うの
です。

よく調べないと、人間って自信はもてないし、調べれば調べる
ほど、任意加入を隠すということに自信がなくなっていく状況
ではあると感じます。

でも人間って、自信(自分を敬う気持ち、自己肯定感)がない
と、生きていけない部分があるんですよね・・・。

自分のやっていることを無理やり肯定するためには、スルーす
るか、なにがなんでも言い張るかのどちらかです。


本当は自信がないのに、自信があるようにみせかける防御行動
だと思っています。

心理学やスピリチュアルの世界では、「攻撃することは恐れて
いるからだ」という解釈がなされます。これは確かだと思うの
ですね。恐れがなければ、攻撃する必要などないとおもいます。


相手も「わかってくれよ~~」と心の叫びを発しているのだと
感じます。

それが正論であろうとなかろうと、「わかってくれよ~~!」
とおっしゃっている。それが、形をかえて、いろんなバリエー
ションで行動として出てくるだけなのでしょう。

矛盾を温存しているというよりも、彼らは、怖いのだと思いま
す。自分の価値や、何かを失うことが。それを、本当に怖がっ
てらっしゃるのだと感じます。


個人的な考えなのですが、本当に、ひしひしと、それは感じる
のです。


自信がなく、怖がってらっしゃるところに、こちらがさらに攻
撃的にいくと、必ずといっていいほど、さらなる防御行動を相
手はとります。
「言葉のボクシング」になる場合が多いです。

「わかってくれよ~!」のぶつかり合いになるわけです。

こうなると、ほとんどうまくいきません。

やはり、こちらに敵意がないことや、相手を傷つけるつもりが
ないこと、単純に話を聞いてほしいことや、一緒に考えて良く
していきたいだけだということをを伝えて、相手を安心させる
方法のほうが、うまくいくと経験的におもいます。(甘いです
かね・・・)


たいていの場合、人は「自信があるようにふるまっている」だ
けのようにみえます。それを本当に相手が自信があると思って
しまうと、こちらも、カチンときてしまいます。

「本当は相手は自信がない」「恐れている」ということを理解
すれば、こちらも態度を軟化できたり、突破口を見い出せるよ
うに思います。Win-Winの関係にもっていきやすいよう
な気がします。


ですから、「本当は相手は自信がない」と理解することは、と
ても大事なことのように思えます。


とまてさんは、とてもいい表現の文章を書いてくださいました。
勝手に引用しちゃってゴメンナサイ。(^-^;)

ありがとうございました。

[ 2010/07/05 10:40 ] [ 編集 ]
私はどうにも、コミュニケーションスキルが未熟でして…
レス、ありがとうございます!

もう一生会わないと決めている人のことなので、時々思い出して、凄い経験しちゃったナーと苦笑するくらいのものなんですけれど…。
 私が参加したPTA本部の場合はベテラン副会長が君臨していて、最初から、PTAのOBの言うことしか聞く気が無くて一年間何を言ってもまともなレスポンスは一度もいただけず。冷静に丁寧に誠実に自分の考えを説明したのですが、ダメでした。一歩引いたらもう負け(Winでは無い)と考える人とWinWinの関係を築く方法がどうしても私には見つけられませんでした。

「PTAはボランティアです。ボランティアだから約束は守らなくてもいいんです」とまで言えてしまう人と、一対一で話し合ってなんとかするスキルは無くて、皆の前にそのことを開示してください、としか言いようが無くなってしまって(笑)。拙サイトのPTA日記に書いたような顛末です。たぐさんはコミュニケーションスキルがあって、素晴らしいですね。
 次にそういうタイプの人と会ったら、私は全力で逃げます(^_^;)

 また、現役PTAや、これからPTA世代になる方が、お互いに正しい距離をとれるようなPTAになるように、メッセージを発信していきたいと願っています(^^ゞ
[ 2010/07/05 20:16 ] [ 編集 ]
Re: 私はどうにも、コミュニケーションスキルが未熟でして…

とまてさん、またまた、ありがとうございます♪

うーーーん。
わたしはコミュニケーションスキルは最底辺の人間ですよ(笑)。
家族とか友人などとは、とても仲良しですが、
それ以外の、あまりよく知らない方々との
コミュニケーションは、そりゃーひどいものですよ。

おそらく、とまてさんのほうが、よっぽど、
コミュニケーションスキルはあるのでは・・・。

うーん。
テーマが決まっていて、それについてのトークなら、
まだOKですが、
いわゆる雑談というのが、果てしなく苦手です・・・。
お母さんづきあいって、雑談スキルがものすごく要求されますよね。
ああ~~~ほんとに苦手だわ~~~~
だから参観とか懇談会とかPTAとか大の苦手ですよ。(^-^;)


それにしても、とまてさんは、すごい体験をされたようですね。

病気なのに役員・・・しかもそんな副会長・・・

わたしなら、たぶん耐えられないですね。

じつは、わたしも、とまてさんのような時期があったのです。
一人暮らしが辛くて、夜、寝られないのですよ。
ほんとに全然眠れなくて・・・
で、さすがに次の日は眠れるわけです。
でもその次の日はまた眠れない・・・
といった、一日おきに眠ることができる日々でした。
さすがに、体力がけずられまくるので、
精神科の病院いって、「導眠剤」を処方してもらうんです。
待ち時間、めちゃめちゃ長かったです。
でも、「導眠剤」を飲むと、眠れるので、
よかったのですけど・・・
やっぱりこういう薬に頼ることに、
罪悪感をおぼえたり、、、
もったいなくて、ケチってたら、
やっぱり眠れなかったり、、、

そんなこんなの日々でした。
3ヶ月くらい、そんな日々をおくってました。
一人暮らしをやめて、ようやく治ったのですけどね。

いやホント、つらかったですねえ!!
フラフラでしたよ。日に日に弱っていくかんじがしました。

そんな体験があるので、とまてさんの辛さも、
少しはわかるんです。

そんな体調の人に、役員を押し付ける・・・

なんだかなあ・・・・

逆にいえば、それだけ、
そこのPTAが皆に支持されてない証拠ですね。



それにしても、その副会長さんも、
よっぽど自分の人生全般に自信がない人なんでしょうね。
推測にすぎませんが、
上のいうことに忠実であることだけが
自分の価値を保障してくれると思い込んでらっしゃった人
のようにかんじます。

PTAの在り方で論破されることは、
副会長さんの存在価値そのものを破壊されるくらいに
感じてらっしゃったのではないでしょうか。
それくらいの危機感がないと、
とても
「ボランティアだから約束を守らなくていいんです」
なんてセリフは出てこないでしょう。
とまてさんが、誠実に説明しても、
それほどにカタクナな態度をとってくるというのは、
よっぽどですよ。


強迫観念は、ものすごいものがあると思いますよ。
ある意味、ものすごくカワイソウな人と
考えることができます。

その副会長さんに限らず、PTAの矛盾をかくしたがる人っていうのは、
「PTAがなくなったら、とんでもないことになる!」
っていう強迫観念を、
どこかに持ってらっしゃると思うんですね。
すごく、恐れてらっしゃるように感じます。
(じっさいは、別にとんでもないことにならないのですが)

「なくても、大丈夫」
と考えられるのは、
心にひとつの大きな平安があるということでもあると
いうことでもあります。
「なくても、大丈夫」と考えられること自体が、
ものすごく、すばらしいことなのではないでしょうか。
それは、【解放】ですから。


「なくなったら、とんでもないことになる!」

「なくても、わりと大丈夫♪」
の差は、ものすごく大きいのではないでしょうか。

PTAにかぎらず、
友達、お金、、、にもいえます。
「なくなったら、とんでもないことになる!」
という信念が強いほど、みえない縄で束縛され、
人生は生き苦しくなるでしょう。


強迫観念から解放されている人のほうが、
だんぜん幸せでしょうね。


まあ、、、とまてさんのおっしゃるように、
全員とWin-Winの関係を結べるとは思えません。

とくに副会長さんのような方とは、難しいでしょう。

ひきさがったり、逃げたりするのも、
十分、ありだとおもいます。

たぶん、私も途中であきらめて、ひきさがるような気がします。
「ずいぶん強迫観念の強い人だ。かわいそうになあ。
 この人に、あらたな気づきがありますように・・・。
 解放されますように・・・。」
などと、思いながら。


ともかく、
「自信があるから、カタクナな態度をとる」
のではなくて、
「自信もないし、強迫観念があるから、カタクナな態度をとる」
ということは、確信してます。


なんだかまた、長いレスになってしまいました。
すみません~~。
[ 2010/07/06 00:52 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/08 16:34 ] [ 編集 ]
PTAは受験に関係ないみたいです
コメント非表示の方、
こんにちは!

非表示ということで、
さしさわりのないように、レスさせていただきます。♪


私学受験の書類提出欄には、
PTAの役員に関して書く項目は、、、
一応調べてみましたけど、
そのようなことは、ないみたいですよ。

そのような項目がある学校がどこの学校なのか、
具体的に調べて、
書類を確認してみたほうがいいかもしれません。
役員をやらせるための、
単なるウワサかもしれないですから。

もし、そのような学校があるとしても、
ごくごく少数派でしょう。


以下、参考ページ。

親がPTAの重要なポストだと何か利点があるのですか - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110295326


中学受験、親がPTAや学級委員などやっているという事はプラスになることありますか? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q143813494

父親がPTA 会長だと女子中受験にはメリットがありますか : インターエデュ・ドットコム
http://www.inter-edu.com/forum/read.php?2,1560486,page=1


受験の年、役員辞退した方がいいですか?:Benesse(ベネッセ)
教育情報サイト|
http://benesse.jp/forum/zboca040?CONTENTS_ID=00110001&PAST_ID=0&MESSAGE_ID=004603&TARGETPAGE=5


ですから、この点に関しては
安心していいのではないでしょうか。

[ 2010/07/09 09:53 ] [ 編集 ]
人間て何なのでしょうね。
コメントレスのつづきです。

さてさて。
人間って本当になんなのでしょうね?

つねづね、このテーマについては考えています。

ここからは、とても個人的な考えを述べさせていただきますが、
他の方に強制するつもりは全くないので、
あくまで個人的な考えをお話しているだけということを
ご理解ください。
かなり、あやしい(笑)話になりますが、
ゆるしてくださいね。
わたしは結構あやしい人ですから(笑)。


私は人間はわりと好きなんです。
たしかに、「醜いな~」「欲深いなあ」「エゴの塊!」とも
思うこともよくあります。
「この世の中は汚い」とも思います。

しかし、それらは全て、「魂の修行」のためだと
考えています。

この世で、くりかえし生まれてきて(輪廻転生)
そして、いろんなことを学んで、
魂を成長させていく。
そのために、いろんな人に出会い、
いろんな経験をする。
そんなゲームの舞台が、「この世」であり、
同じゲームをプレイするゲーム仲間が人間だと
考えています。
みんな、魂の成長ゲームを一緒にやっている仲間だと
思っています。


川を流れるうちに、
石同士がぶつかりあって、
カドがとれて、どんどん丸くなっていきますよね。
それと同じように、
人間同士、いろんな経験をして、
カドがとれて、どんどん丸くなっていき、
人間として成長していくのではないかな~
と思っています。
ただ、それが非常に長いスパンで
行われるので、
わかりにくいだけではないでしょうか。
人間は、何万回も生まれ変わるといわれてますから。

そして、最終的には、
御仏のような、慈愛に満ちた魂ばかりになるというかんじです。

その結果だけでなく、
プロセスもゲームとして楽しんだらいいんじゃないかな~
と思っています。


また、
「因果応報」も信じています。

自分が他者にしたことは、
イイコトも悪いことも、
何倍にもなって、
還ってくるという考え方です。

今生では還ってこないかもしれませんが、
来世か、そのまた来世か、、、
いつか還ってくるものだと思っています。

ですから、
無償でイイコトしたら損だとは思いません。
だって、いつか何倍にもなってかえってくるのですから。

要領よく、他人をコントロールして生きるのが得とも
思いません。
他人に色々強制する生き方が得だともおもいません。
むしろ、かわいそうだと思ってしまいます。
だって、その方はおそらく強迫観念に支配されており、
かつ、いつか、何倍にもなって自分に還って来るのですから。

世の中、わりとシンプルにできているとおもっています。


すみませんね。
仏教やスピリチュアルの影響を強く受けていますので、
こういう考え方をしてるんですよ。
でも、学校や社会が教えていることが正しいとは限りません。
むしろ、事実は逆なのではないでしょうか。
学校や社会が教える「常識」は、
わたしたちが無力だと教え込み、
企業CMに代表されるように、欲と不安をあおる
価値観をすりこんでいます。
そして、それに見合った処世術を、
まことしやかに語るのです。
しかし、それは結局、
自らの良心を押さえ込み、
強迫観念を増大させていくやり方なので、
人間らしくもなく、
幸せから遠ざかり、
不安がら逃れられない人生になってしまいます。
希望も救いもありません。
とても苦しい生き方になっています。
自殺者が多いのも、うなづける話です。

わたしも色々と調べて、
「魂の修行」の考え方が正しいようだと思い至ったのです。
まったく根拠のないことだとは思ってはいません。
また、「魂の修行」の考え方のほうが、
人生がラクになるとおもいます。
強迫観念をてばなしやすく、
良心にもとづいて生きることができます。


より詳しくは以下のページと書籍を参考にしてみてください。
関心がおありなら、、、ですが。
人生観、人間観がどんどんラクになっていくと思います。


船井幸雄.com|気になって仕方のない「この世の仕組み」
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200808007

ガイア・アセンション2 アセンション(4)
http://homepage3.nifty.com/gaia-as/ascension4.html
このページの中段以降の「モチモノ」の点検と廃棄
なども読んでみてください。
スピリチュアルを信じられなくても、
ものすごく参考になるとおもいますよ。
人間、いろんな「モチモノ」をかかえこんでいます。
それが強迫観念となり、人をしばっています。
それを手放していくことで、
どんどん人生がラクになっていきます。


斎藤一人さんの書籍一連。
(この人の本はすごくわかりやすいです。)

「小さな宇宙人アミ」(超オススメ!)

「神との対話」(ベストセラー!アメリカで200万部以上)


いずれも、
あやしい(スピリチュアル関連)のサイトや本ばっかりで
ゴメンナサイ。(^-^;)
でも、ちょっとでも
気持ちがラクになってもらえたらなと思って、
いっしょうけんめい書かせていただきました。

ありがとうございました。

[ 2010/07/09 09:54 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/09 18:48 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/09 21:47 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/26 19:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。