PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

■「PTA非加入である事情を説明してほしい」というご意見に対して■

こんにちは。
このブログを更新するのも、久々となります。
年度初めを迎え、恒例のPTA役決めの季節になりました。

この時期は、いろいろありますね。


昨年PTA役員をやってらっしゃったという方から、
私のところへお電話がありました。

「PTA会員各位と書いていようが、
 学校にお世話になっているのだから、
 非会員でも絶対に、
 PTAアンケートを提出する義務がある。」


「PTAクラス委員はPTA管轄下とか、そういう問題ではない。
 学校にお世話になっているのだから、
 PTA非会員であろうと関係ない。
 だから、クジにあたった場合、
 免除に該当しない場合、
 絶対にやっていただくことになる。
 クジになった場合、
 当然、クジに組み込ませていただく。」


などということを、かなり高圧的な口調でまくしたてられ、
わたしがまだ話している最中にガチャンと電話を切られました。

この電話のことを担任の先生に告げて、事を収めていただきました。



このような方がいらっしゃるから、
PTAのことを苦痛に感じる方が後を絶たないのだと思われます。

このように言われると、すごく精神的ダメージを感じる方は、
多いと思いますよ。


ここまでくると脅迫にあたるとおもいますから、
警察や弁護士に、
一回本気で相談したほうがいいかもしれませんね。


さてさて、
PTA役きめのとき、
PTA非入会の人がいると、

「本人から、直接、事情を聞かせてほしい」

と、おっしゃる方が、しばしばいらっしゃるようです。


そのような方のため、お手紙を書きました。


せっかくなので、ここに転載させていただきます。

ご参考になりましたら、幸いです。


→ PTAよ成仏してくれ!|まるおの雑記帳 - 加藤薫(日本語・日本文化研究)のブログ -

も、あわせて読んでいただくと、良いと思います。




以下転載
----------------------------------------------------------------------------
PTA非加入であると、PTA役員・委員決めの場で、

「本人の口から、事情を聞かせてほしい」

というご意見が、しばしば出てくるようです。



もし、どうしても、
一言で、事情を説明するとするならば、、、

「PTAとは考え方が違うから、
 加入・活動はいたしません。」

と、なります。


もうすこし丁寧にご説明するならば、

「PTAは、恩恵もたしかにありますが、
 非常に弊害・問題の多い団体であると感じています。
 そのような団体に所属し、活動することは、
 良心が痛み、非常に心苦しく感じるのです。
 考え方が根本的に違うので、
 非加入を選びました。」

と、なります。

この説明だけで納得できる人は、少ないのではないでしょうか。


その場で、ひとことで言えるような事情で
納得していただけるような団体であれば、
誰もPTAで苦労はしないのではないでしょうか。

ひとことで言えないようなことだからこそ、

わざわざ、
「この本は、わたしの意見のほとんどを代弁
 してくれているような本なので、読んでほしい。」
 ◆川端裕人さんの「PTA再活用論」と「PTA進化論」◆
 (図書館でもWEB上でも読めます。検索してみてください。)

「わたしの考えを、ブログにまとめたので、
 ぜひ、読んでほしい。」
 ◆PTAのホントのところ◆
 (WEBでタイトル検索してください。)

と、ご近所の方々やPTA役員の方々、
園長先生、校長先生、担任の先生などに、
機会あれば、申しあげてきたのです。


結果、ほとんどの方は、
読んではくださらなかったようです。


PTAが抱える問題を軽減しようと、
PTAの役員の方には、
いっしょうけんめい、
何度もお手紙を書きましたが、
返信が返ってきたことはほとんどありません。
(返ってきたとしても、走り書き程度でした。)

このようなことから、
ほとんどの人は、
あまりPTAや、PTAがかかえる問題、
PTAで辛い思いをしている人々に対して、
あまり関心が無いという気がいたします。


ほとんどの方にとっては、
年度初めに、自分が役にあたるかどうかだけが、
PTAについての関心事項であって、
あとは特に関心はないように思えるのです。


PTAの役決めのときだけ、
「ご意見・事情を聞きたい」
と言われても、無理なのです。
理解していただくには、
短い言葉では不可能ですし、
PTAの役決めのときというのは、
時間的にも切羽詰っている状況でしょう。
無理に短い言葉で説明して、
良い状況をもたらすとは思えません。



PTAの役員の方から、
「説明責任」を果たしてほしいといわれました。


わたしは、いままで、ことあるたびに、
わたしの意見を示そうと努力してきたつもりです。
「説明責任」は、果たそうとしてきたつもりです。
(本来ならば、一ボランティア団体に所属しない理由を
 わざわざ説明する責任は、非会員には無いとは思います。)


また、PTA自体が、
「PTAは実は任意加入であり、
 自主性・善意にもとずくボランティア団体である。」

「PTAは『できる人が、できるときに、できるだけ、できることを』が基本。
 マイペースの参加が基本であり、無理強いがあってはならない。
 (うちの市のPTA事務局の方も、このことを強調しておられました。
 PTA発足時の文部省策定のPTA参考規約にも「いささかも強制があってはならない」
 と記されています。)」


という、
とてつもない重大事項の説明責任を、
果たしていないような状況です。
消費者契約法により、
事業者としてのPTAには、
会員の勧誘に際し、および会員に対し、
会の性格等についての説明責任があると
思いますが、いかがでしょうか。
そのような法律に照らさなくても、
重大事項の説明責任を果たしてない時点で、
あまり誠実な団体には思えません。

さらにいうならば、
PTA総本山である「日本PTA全国協議会」は、
事務所が赤坂にあり、かつ、
会計を非公開にしているようです。
説明責任を果たしているようには思えません。


PTA自体が重大な説明責任を放棄していると思われるのに、
また、
わたしが書いた手紙の返事もおざなりなのに、
このようなときだけ、
しかも、PTAの公の場で、
非会員(PTAとは無関係の人間)の名前を出して、
(個人情報保護の面からも大いに問題があります。)
「説明責任」を求めるというのは、
やはり、おかしな話だと思います。



また、
「シングルマザーでも、
 仕事が非常に忙しくても、
 PTA活動に非常にストレスをかかえる方でも、
 役を免除されないし、
 断ったら、学校での人間関係に支障が出たり、
 子供が迫害されそうで怖くて言い出せない状況。
 それで、辛い思いをしている方が、
 たくさんいらっしゃる。
 本来なら、ボランティアなど、
 経済的時間的精神的に余裕のある人だけができるものでしょう。」

と、学校やPTA役員さんにお話してみても、

「じっさいに、そのような方がいらっしゃるかどうか、
 わからない。」
と、返ってくることも、しばしばあります。


ですから、PTAの在り方に不満を持っていたり、
非常に辛い思いをなさっている場合は、
ご自分の想いを、
学校やPTA執行部に、率直に伝えたほうがいいと思います。
そうでなければ、実際に存在する問題として、なかなか認識されませんから。


PTAに限らず、どのような組織・団体も、問題はかかえています。
問題のない団体など、皆無でしょう。
少しでも良くなってほしいと思うなら、
一人ひとりが、
率直に意見を伝えていくことが必要だと思います。


わたしの意見・事情を聞くよりも、
ご自分の意見を率直に発信していくことが大事だと思われます。


意見や、不安な想いを発しなければ、
「現状、特に問題なし」と、認識されてしまっても、
ある意味、仕方がないのではないでしょうか。
問題をかかえたまま、
現状が変わらないのも、仕方がないのではないでしょうか。

★こどもの代にまで、いまのようなPTAを残したいですか?★



本気で、わたしの事情を聞いてみたいと
おっしゃってくださる方が
いらっしゃるのならば、大変ありがたいことです。
以下の書籍・ブログを、
ひとつでも熟読してみてください。
わたしの意見・事情・考え方が、
ある程度、わかっていただけると思います。

◆川端裕人さんの「PTA再活用論」と「PTA進化論」
 (図書館でもWEB上でも読めます。検索してみてください。)

◆PTAのホントのところ(拙ブログ)
 (WEBでタイトル検索してください。)



これらを熟読していただいた上で、
なお意見を直接聞きたいという方が、もしいらっしゃれば、
お話させていただく所存です。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。



■補足 よくある質問に対して

たとえ、ものすごく苦痛に感じても、
ものすごく多忙であっても、
PTAに入らなくてはいけない理由として

「学校にお世話になっているのだから」
ということをよく耳にします。

これに対する個人的意見も、
拙ブログ「PTAのホントのところ」に
書いていますので、ぜひご一読ください。


その他、よくある質問に、
ここでも、簡単に個人的意見を述べさせていただきます。



たしかに、学校および社会全体にはお世話になっています。

しかし、PTAに所属し活動することが、
学校および社会全体に恩を返すことになるとは思えません。

PTA活動による学校・社会に対する恩恵・還元もありますが、
弊害・問題のほうが、はるかに大きい団体だと感じているからです。

総合的にみると、
PTAに所属し活動することは、
学校・社会に恩義を返すことにならないばかりか、
かえって社会に対するPTAの弊害・問題を助長することに、
協力してしまうことだと
考えています。

PTAに所属・活動するよりも、
その分の労力・お金で、
別の募金・ボランティア・本職に励むことのほうが、
社会全体、ひいては学校に恩義を返すことになると感じています。

また、子育て世代というものは、
外に働きに出ている出ていないにかかわらず、
総じて、ものすごく忙しい時期です。
時間的経済的余裕が最も無い時期なのです。
そのような超多忙な時期に、無理して恩義を返す必要性はないでしょう。
PTAで無理して心身を病む事例もよくあるそうです。
年金暮らしになるなど、時間的経済的余裕ができてから、
恩義を返すという気持ちでいるほうが、建設的だと思います。
時間的経済的余裕のない保護者同士による「役」の押し付け合いという、
人間関係の軋轢・トラブル・ギスギス感・精神的苦痛を、
防止することもできます。
(「役」の押し付け合い、強制といった大人の姿、
 こどもに見せたくはないです。
 教育上も非常によろしくないのではないでしょうか。)


PTAはボランティア団体ですし、
本来なら、ボランティアは、
経済的時間的精神的に余裕のある人だけができるものでしょう。


シングルマザーの方や、外に働きに出てて超多忙の方にまで
強要しているのは、どう考えても、おかしいです。



これは個人的意見ですので、
「PTA活動で学校・社会に恩義を返したい」
と思う方は、大いに活動されるといいでしょう。


自主的に、
「学校にお世話になっているのだから、恩義を返したい」
と思う心情は、非常に美しいものであると感じます。


しかし、それを他人に押しつけようとすると、
とたんに、「美しいもの」から「醜いもの」に
変わるのではないでしょうか。

「学校にお世話になってるのだから」
は、自主的に思うから美しい心情なのであって、
他人に押しつけ、無理強いしても良い
という概念ではないでしょう。
他人に押しつけると、
自主性や多様性の尊重・思いやり・寛容・誠実さ
といった概念から遠ざかります。
お互いに信用をなくす原因ともなります。


役決めのときの雰囲気が、顕著に物語っています。

非常に排他的。

かえって、
人間関係をギスギスさせている要因になっているのでは
ないでしょうか。


【こうであるべき理論】で、
お互いを縛りあうのは、もう、止めにしたいものです。



「学校にお世話になっているのだから」
自覚無く使ってらっしゃるかもしれませんが、
そのような言葉が、他人を追い詰めることになります。
息苦しい社会を形成する一端に
自分自身が加担することになってしまいます。


じっさいに、
「学校にお世話になっているのだから」
という言葉のため、
「PTA活動したくないと感じる私が悪いのだ(自責)」

「PTA活動をさぼろうとしているあの人はずるい。(他責)」

「PTA活動をしなければ、
 当然の義務をサボる人間とみなされ、
 こどもに差別・迫害を加えられるかもしれない。(不安)」

と感じて、苦しむ人は、いらっしゃるでしょう。


PTA活動に苦痛を感じ、心身を病む人はいらっしゃいます。

PTA活動で強いトラウマを感じ、不登校にまでなったしまった人。
病気を隠してでもPTA活動をがんばったため、
お亡くなりになってしまった人。

じっさいに、そのような方がいらっしゃるようです。

わたしが実際に知ってる方でも、
命にかかわるような病気を隠して、
PTA活動をがんばってらっしゃった方が
いらっしゃいました。



「学校にお世話になっているのだから」
という言葉で、
他人に圧力をかけ、その結果、
その人が心身を病んだり、お亡くなりになった場合、
責任をとれるのでしょうか?


【保護者が心身を病んだら、
一番悲しく辛い思いをするのは、お子さんでしょう。】


PTA関係のことで、子供を苦しめていいのでしょうか。


ご自分のなにげない言葉が、
他人を苦しめ、追い詰める可能性があることは、
知っておいてほしいとおもいます。



また、
「PTAは絶対必要だから仕方ない」
とおっしゃる方もいらっしゃいます。

産経新聞のアンケートによると、
PTAが不要と感じている人は、42%と、半数近くいらっしゃるようです。
また、必要と感じている人でも、
「なんらかの組織改革が必要」と答えてらっしゃる方が95%でした。
いまのPTAには、大いに問題ありと、多くの人が感じていることになります。

また、
世界中でも、日本でも、
PTAが存在しない学校は、存在します。

読売新聞によると、「PTAがない学校は全国的に少なくない。」ということです。
(読売新聞 PTA再考(12) 「作らない」も選択肢 より)

PTAが存在しない学校も、うまくやってらっしゃいますから、
というより、PTAが存在しない学校のほうが、
うまく回っているようですから、
学校教育にPTAが絶対必要なものでもありません。

PTAとは、ボランティア団体なのですから、
もともと、「+α」の部分を担う団体なのです。

仮に、本当に必要不可欠な部分を、
PTAが担っているとしたら、それはそれで、問題です。
公の部分を、私費でまかなっていることになります。
絶対必要な部分というものは、行政でするべきことでしょう。
絶対不可欠な部分をボランティアに頼ると、無理が出てくるのは当然です。
PTAが必要不可欠の部分を担っていたとしたら、
「強制」の要素がどうしても強くなり、自主性・ボランティア精神の妨げにもなります。

「学校にお世話になっているのだから」と同様に、
「PTAは絶対必要」と言うこと自体、
他人に「強制」「圧力」をかけ、強い精神的苦痛を与えることも、
十分あることも、知っておいてください。

「必要」「不要」という言葉自体、ナンセンスでしょう。
なにが必要かなどという価値観は人それぞれで、大きく違うのです。

自分の価値観を普遍化し、他人に無理にでも押し付けようとするから、
問題がおきるのです。





.■ 逃げ道の用意も必要

『みんなのPTAを探して』 ブログ版: 第18回 カワバタ私案を発表します
http://minnanopta.seesaa.net/article/83900966.html

より抜粋(改行など、わかりやすくするための加筆あり。)

----------------------
 処方箋としては、まず自由な入退会を保証すること。もうくどいくらいに言ってきたけれど、これは必須。今、自動加入になっているPTAは、会員の無知につけ込んでいると言われても仕方ない。

 任意加入を周知徹底することで得られるメリットは、いずれも本質的なことだ。


●PTAが自主的・自発的な組織(つまりボランティア)であると自覚できる。

●「PTAのための会員」ではなく、「会員のためのPTA」だと意識でき、負担が過大にならないよう抑止力が働く。

●PTA活動に極度のストレスを感じる人に「逃げ道」を与えられる。


 3番目のメリットは、PTA社会をまったく体験したことのない人にとっては、笑い話かもしれない。でも、実際にPTA活動で心身を病み、通院するような人はいくらでもいる。この連載への投書にもあったけれど、ぼくの身の回りでも起こっている。本当に笑えない話なのだ。都下のあるPTA会長はこういった問題を公にした時、「人権問題」という言葉を使った。

 一方、任意加入の考えうるデメリット。

 まず、PTAがなくなったり、脱退者が続出したりするのではないか、ということ。これについては、はっきりとノーと言える。実際にはPTAはそう簡単になくならない。現にPTAの3割は任意加入をうたっているという調査結果もある(『おそい・はやい・ひくい・たかい』第10号 2001年2月)。任意加入にしたくらいで成り立たなくなるほどPTAはやわではない。

 また、もう一点、よく聞かれるのは、PTA会費から出ている記念品などの問題だ。入学式や運動会の時にPTAがプレゼントを用意するのはよくある話。では、会員ではない保護者の子にもそれを与えるべきか。

 正解は、「PTAはすべての児童のための活動なのだから、会員の子、非会員の子、どちらも区別せずに与える」だろう。「自分の子どもが元気であるためには、『隣の子』にも元気でいてもらわなきゃ」という発想が原則だと思う。とはいえ、実際問題としては、実費だけを非会員の親から出してもらう、という例も多いと聞く。そのあたり、柔軟にやればいい。

---------------------------

このようなPTAであれば、
PTAで大きな苦痛を感じたり、泣き寝入りすることも、
大幅に改善されるでしょう。

本当に辛いと感じている人に、
「逃げ道」は、ぜひ、つくってあげてほしいと思っています。


そのためには、一人ひとりが、
学校・PTA側に、率直に意見を言うことが大事だと思っています。

「こういう事情なので、○○な点で、とても不安です。」
「こういう点を改善してほしい。」

これくらいの言い方で、いいと思います。
お手紙でも、担任の先生に伝えてもらってもいいでしょう。
特に反感も買わないでしょう。


なにも言わず、事なかれ主義でいて、
他人のことを「ずるい。」とだけ思っていても、
事態は改善しないのではないでしょうか。


「こどもの代にまで、いまのようなPTAを残したいですか?」



■参考資料

大阪某市教育委員会 地域教育科(PTA担当)の方に以下の点の確認をとりました。
●PTAはボランティア組織。行政的にいうと社会教育関係団体。
●PTA活動の対象は、その学校・幼稚園の児童全員。会員の子だけに限定しない。



大阪某市PTA協議会の方に、以下の点の確認をとりました。
●PTAはボランティア組織。
●PTAは会員が学び成長する場。その成果を児童の幸せに活かす。
●「自分の子が幸せになるためには、学校全体・地域全体が良くなることが必要」という考え方が基本。
●「できる人が、できるとき、できるだけ」が活動の基本。



岩竹美加子さん「国家の装置としてのPTA」 国立歴史民俗博物館研究報告・第132集 より抜粋。
---------------------

私が学校に望んでいるのは、『安心して静かに学べる場』です。
それすら危ぶまれているのに、町会とのつきあいのもちつきなどなくてもけっこうです。

町ぐるみ運動会、バスハイクも歩こう会もラジオ体操も講演会もいりません。

しっかりとした授業があり年1-2回の遠足があり、
休み時間に子供達が仲良く遊べればいいのではないでしょうか。

なぜそれ以上母親が時間をけずってPTAの仕事をしなければならないのかわかりません。

-------------------




読売新聞オンラインPTA再考(12) 「作らない」も選択肢 より抜粋
-------------
 二つの小学校が統合してできた、けやき小には、2001年の開校以来、PTAがない。開校直後、保護者の話し合いは数回持たれたが、結論は出なかった。学校は、PTAがなくても、子供の安全を守る組織は必要と考えて地区委員会を作り、保護者の要望で学級委員会もできた。

 3月までけやき小校長だった児玉健二さん(60)は、統合前の小学校の教頭時代、嫌々役員を引き受ける保護者を見ており、PTA設置を強く働きかけなかった。その後も、保護者から設置の要望が強く出ることはない。

 保護者の支援が必要な時は担任が学級便りなどで呼びかける。月1回の全授業公開で保護者同士の交流もある。「PTAがなくても学校運営に支障はない。保護者に何度も足を運ばせる手間をかけなくてよかった」と児玉さん。
(中略)
 PTAがない学校は全国的に少なくない。PTAに何を求めるのか。組織の根本が問われている。
------------



「PTA進化論⑨」より抜粋
---------------------
PTAが消えて、何か問題はあったのか。特に不都合はありませんでした」と児玉氏。
「保護者に協力をお願いしたいときは担任を通じて呼び掛けるんです。本当に必要なことなら保護者は動いてくれるものですよ」

なるほど、そりゃそうだ。目からうろこが落ちるような回答だった。

学校にとっては問題なくとも、保護者にとってはどうか。まず「役員決めの壮絶なストレスから解放される」のは何はともあれ巨大なメリット。一方で「保護者同士が顔見知りになり、教員との信頼関係を醸成する」PTAの基本が損なわれることはないだろうか。

児玉氏の回答は楽観的なものだった。「PTAはなくても、保護者は自発的にクラスごとの集まりを持っていました。担任と話し合ったり、授業の補助に入ったり・・・。保護者間や教員とのコミュニケーションが悪くなることはなかったですね」

以前、PTAでの信頼関係があったがゆえに、学校での事故をむしろ学びの機会にできた自分の体験を述べた。考えてみれば、あれはPTAである必然性はないのだ。

児玉氏は最後にこう締めくくった。「無理に束ねると教員も保護者も自立できないんです。PTAがないがゆえに、それぞれ立場の違う大人として向き合える、ということもあります」

なんとも含蓄のある言葉。今のままのPTAは「進化」が必要だとますます思うのだ。

-----------------------




新くらしの法律相談ハンドブック 自由法曹団編 旬報社
より抜粋

----------------------------
PTAは、父母と先生が対等の立場で参加し活動する「教育を本旨とする民主的団体」です。

PTAは学校とは別の独立した団体です。PTAでは校長先生も教頭先生も一人の会員であり、父母会員とまったく対等です。
したがって、先生を特別扱いする必要はないし、特別扱いはおかしなことです。PTAでは父母も先生も心を開き合って、率直に子育てや教育のあり方を語り合いましょう。

PTAは学校とは別の任意団体ですから、入るか入らないかはそれぞれの父母・先生の自由です。子供の入学の際にPTA入会案内、規約、入会申込書などが配られず、自動的に会員名簿に登録されて会費を徴収されるというケースがあるようですが、これは間違っています。知らない間にPTAに入っていたというのでは、会員としての自覚や意欲を持つことはできませんし、有意義な活動も期待できないでしょう。

以前、東京都で「公費で負担すべき学校経費を私費で負担させてはならない」という通達が出されました。しかし、いまでも学校経費を負担しているPTAがまだたくさんあります(たとえば、学校協力費など)。多くのPTAで取り組まれているベルマークなども考えものです。

PTAは「教育を本旨とする民主的団体」なのですから、子供たちを取り巻いている現実を直視し、子育ての悩みや教育そのものを語り合い、学びあって、少しずつでも改善していきたいものです。いじめ、体罰、校則、落ちこぼれ、体力低下など、PTAで取り組みたい問題は山ほどあります。

-----------------------------
----------------------------------------------------------------------------
pta
じゃあ、なんでPTAという組織ができたのでしょうか?
なんでも、あるものを否定することは、とても簡単なことだと思います。
元々は、子供のために何かできないのだろうか?と発足したものなのではないでしょうか?
意見を持っている方々が率先して、現代のPTAを理想のものに近づけていくべきだと思いますが…
[ 2011/05/30 23:24 ] [ 編集 ]
Re: pta
コメントありがとうございます。

以下の記事にもコメントいただいてますので、
そちらで、まとめてレスさせていただいてます。


PTAのホントのところ ■「子供がヒドい目にあう」と思わせてしまっている(信頼の欠如)
http://pta55.blog57.fc2.com/blog-entry-73.html#comment71
[ 2012/03/29 13:08 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/12/13 13:36 ] [ 編集 ]
管理人様に全く同感です
コメントでより良いPTAに近づける・・・とありますが、私の体験上、一切ないですね。 役員が終わる一年最後の会議でも、話し合いの場など一切ありませんでしたよ。 子供に「思いやり」を教えていかないといけない親たちのPTAの中では思いやりなど全くありません(団体として) 免除基準などはとても曖昧で、ほとんどその地域におまかせなのではないでしょうか? よくあるのは、「3歳以下のお子様がいらっしゃる方」 ですね。これは誰もが体験しているから?なのでしょうか? それなら「自宅で介護されている方」や「病気で通院してる方」は? みなさんの回りにはいらっしゃらないので、それは分からないから無しで、って事なんでしょうか? このような規則の中の団体で活動して、子供達に思いやりを教えていけるのでしょうか?
[ 2013/05/20 19:10 ] [ 編集 ]
Re: 管理人様に全く同感です
コメントありがとうございます。

また同意していただき、心強いです。

> コメントでより良いPTAに近づける・・・とありますが、私の体験上、一切ないですね。

まあ、そうでしょうね。

みなさん、自分の役がつつがなく終わることだけに必死で、
より良いPTAに近づけることを考える人など、ほとんどいないでしょう。

本当に思いやりに欠けた団体だと感じます。





 役員が終わる一年最後の会議でも、話し合いの場など一切ありませんでしたよ。 子供に「思いやり」を教えていかないといけない親たちのPTAの中では思いやりなど全くありません(団体として) 免除基準などはとても曖昧で、ほとんどその地域におまかせなのではないでしょうか? よくあるのは、「3歳以下のお子様がいらっしゃる方」 ですね。これは誰もが体験しているから?なのでしょうか? それなら「自宅で介護されている方」や「病気で通院してる方」は? みなさんの回りにはいらっしゃらないので、それは分からないから無しで、って事なんでしょうか? このような規則の中の団体で活動して、子供達に思いやりを教えていけるのでしょうか?
[ 2013/05/20 19:32 ] [ 編集 ]
なんのためやらと思います
興味深く読ませていただきました。

退会しようかと勉強中の身です。

自動的に入会させられていて、「免除」だの「義務」だのおかしいですよね。

私には虚弱な未就学の子どもがいます。無理やり役員をやらされました。「昼は預かり先があるのでなんでもしますが、夜は子どもだけを留守番させなければいけなくなるので出来ません」といったのですが、「みんなで助けるから」と言われ、当時任意団体ということも分からなかったので、役を引き受けました。

そしたら、「(夜の)会合に出席するのは必須。代理は一切認めない」とのことでした。無理して出席しました。帰ったら子どもは嘔吐して死にはしてませんでしたが、私は青くなりました。
事情を説明しても「会合につれてきてもいいんですよ」(具合の悪い子どもを連れてきて保健室のベッドで休ませてもらって会合に事実上出席しないのなら、家で休ませた方が子どももらくだと思います。そこまでして出席した実績を作らなくてはいけないものなのでしょうか)と言われ、皆さん忙しいところ集まっているんですから、いろいろ事情を説明されましてもさやさやさんだけ特別に出席しなくてもいいですとはいえません、といわれました。

確かに「児童の健全な育成に寄与する」PTAですから、私の未就学の子どもが会合中に死のうと関係ないとは思います。ありがたいことに慶弔規定がございまして、5000円もいただけるそうです。

一気にやる気がうせました。さらに無知だった私は同じ立場の幽霊委員に出席するよう促しました。返ってきたのは「仕事だから出席しなくて何が悪い」でした。他の方が苦労して出席して幽霊の分までカバーしたということに対しての感謝や休んだことへの謝罪は一切ありませんでした。私は社会人としてとるべき態度ではないと思い、こういう親の教育のためPTAはあるのかとがっかりしました。まぁ、後から、彼女の方がPTA役員のあり方として正しいと知りましたが(苦笑)

そんなこんなでこんな恐ろしい組織の一員でいることに耐えられないと思い、勉強を始めました。

サクラだらけの講習会、講演会連発で、役を全員引き受け公平にするためだけに作られた仕事のオンパレードで、子どもの方をちっとも向いていない気がしました。

私は、学校募集の読み聞かせボランティアや学習ボランティアなど時間が許す限り参加して活動しています。PTAの活動よりよっぽど子どもの方をむいているので、参加しやすいし、楽しいです。

変な義務感と子どもの命よりも活動が大事という恐ろしい考え方の団体に入って、万が一役員でもやることになったら、その片棒を担がなくてはならなくなるなんて、ごめんです。
[ 2013/07/01 03:12 ] [ 編集 ]
Re: なんのためやらと思います
こんにちは。
コメントありがとうございます。


> 退会しようかと勉強中の身です。

PTAとうまくやっていくにせよ、退会するにせよ、
知識は大いに必要ですね。

興味をもって、勉強されるのは、非常にいいことだと思います。
さいきん、たくさんPTA批判ブログも増えてきましたので
勉強しやすいかとは思います。

ちなみにわたしの場合は「PTAが任意だと多くの人に知って欲しい」ので、
役員決めのとき「PTAは任意です。考え方違うのでやめさせていただきます」
と、大きな声で宣言しました。

でも、もっと、おだやかに辞める方法はいくらでもあります。
辞めた人がいることを役員さんも先生も知られたくないので、
彼らは辞めた人がでたことを他人に言わないものなのです。
役員さんと先生以外には、辞めたことを知られないのはいいですね。


それにしても、帰ったらお子さんが青くなってたというのもヒドイし、
PTAの対応もひどすぎますね。

子供の命など、どうとも思ってないように、感じてしまいます。

それに、今回のさやさやさんのお話だけでなく、
ほかでもよく聞く話ですが、
役員を決めるためなら、
PTAは「いくらでもウソをつく」というのは、全国的に頻発していることみたいですね。


これでは、辞めたいと思う人が多いのも当然でしょう。


ぜひ、知識をつけていただき、できればまわりの人達にも知らせてあげるといいかもしれませんね。



ありがとうございました。


[ 2013/07/01 09:49 ] [ 編集 ]
管理人様のやさしいコメントに感謝
コメントありがとうございました。
誰も私の気持ちを理解してくれず孤立していたので、管理人様のコメントに涙が出てきました。ありがとうございます。

話をぐいとすすめたいと思いまして、単Pの上部組織である市Pや県Pの規約などについても調べてみました。
残念ながら市Pのホームページなどはなく、多分市役所や市の教育委員会の中の一部にPTA連合会なるものがあるのではないかとは思いますが、電話番号すら分かりませんでした。
ただ、県(福岡県)についてはホームページがありました。
問題だと思ったのは、単Pから徴収されている県Pの会費です。
規約で「児童数×50円」となっており、それを記入する用紙も用意されていました。
PTAって会員は基本的に大人なんじゃないですか?県Pに入会するためには会員数などは一切関係なく、児童数で会費を徴収する?
指導改善を要望するために県Pに実情を言おうかと思いましたが、同じ穴のむじなというか総元締め、諸悪の根源、のような県Pに話をしたところでなんの足しにもならないどころか、「あんた何?」で終わりそうだと唖然としました。

すでに私はモンスターペアレント扱いで、子どもには事情を説明して幸い「ママがやってることは正しいと思う。応援するよ」と理解を示してくれてはいるのですが、登下校中に田んぼに突き落とされたり、仲間はずれにされたりと理不尽な扱いを受けています。子どもを人質に入会を迫っているとしか思えない仕打ちです。それでも子どもは「一部の友達だけだし、そんなことをする人と仲良くしなくても不都合はない」とけなげなことを言ってくれます。その子どものいじましいまでの気持ちを無駄にしたらいけないと私はがんばっていこうと思います。

いろいろご相談申し上げることもあるかと存じますが、よろしくお願いします。
[ 2013/07/05 10:40 ] [ 編集 ]
Re: 管理人様のやさしいコメントに感謝
さやさやさん、こんにちは。
再度のコメントありがとうございます。


> 誰も私の気持ちを理解してくれず孤立していたので、管理人様のコメントに涙が出てきました。ありがとうございます。

それは、とてもお辛いでしょう。
お気持ちはよくわかるつもりです。


そのような状況であれば、
ここは、すごくおススメのサイトです。

素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA-Think! PTA!
http://www.think-pta.com/

特にオープンBBSとセミクローズドBBSのコーナーがおススメです。


PTAの知識が豊富な方が何人もいらっしゃり、相談にのってもらえます。

セミクローズドBBSは会員登録が必要で、
一般の人には見れないようになってるので、
心おきなく相談できるのが強みです。

みなさん、ものすごく親切ですよ。


最近は、PTA連合の総本山の会長みずから、

「PTAは任意の団体」と名言なさってますし、

意外とPTA連合に相談してみるのもいいかもです。

Think! PTA! Open BBSの、このページ参照されたし。
http://www.think-pta.com/cgi-bin/o_bbs/read.cgi?bordn=&mode=all&list=topic&no=3417



正直、おなじ学校のPTAでもそのときの会長さんによって、
ぜんぜん対応ちがったりするので、
数うちゃ当たる方式をためしてみるのもいいかもしれません。

会長さんがぜんぜん話わからない人でも
校長先生・教頭先生はわかってくださったり、
その反対もよくある話なのです。


ただ、数うちゃあたる作戦は「当たり」をひくまでに
心が折れてしまう可能性があるので、
その点は注意ですね。


> すでに私はモンスターペアレント扱いで、子どもには事情を説明して幸い「ママがやってることは正しいと思う。応援するよ」と理解を示してくれてはいるのですが、登下校中に田んぼに突き落とされたり、仲間はずれにされたりと理不尽な扱いを受けています。子どもを人質に入会を迫っているとしか思えない仕打ちです。それでも子どもは「一部の友達だけだし、そんなことをする人と仲良くしなくても不都合はない」とけなげなことを言ってくれます。その子どものいじましいまでの気持ちを無駄にしたらいけないと私はがんばっていこうと思います。


子供が青くなってても、なんとも思わないPTAなら、
子供にそういうこともやりかねないと思ってしまいますね。

田んぼにつきおとすなどのことは、すでに傷害事件として告訴できるレベルの話です。

市の人権相談コーナーや法律相談コーナー、
警察などに相談したほうがいいのではないでしょうか。

PTAのほうは、そういうところに相談されたり、ことが大きくなることを、
すごく嫌がりますので、
そのようなものを、うまく使って行くことが大事だと思います。

わたしの知人ですが、
PTAにひどい目にあわされ、
PTA関係では有名なまるおさんのブログに相談したところ、
NHKのあさイチの取材の話がきて、PTAがひどいことをした実話が、
NHKで全国放送してもらえたたという経験をした人がいます。

まるおの雑記帳 - 加藤薫(日本語・日本文化論)のブログ -
http://ameblo.jp/maruo-jp/


NHKなど、マスコミの取材を目指すのも、
いい戦法だとおもいます。



> いろいろご相談申し上げることもあるかと存じますが、よろしくお願いします。

孤立は本当に精神的にも大変ですよね。

さきほど、紹介したPTAクローズドBBSや、私にも相談していただくといいと思います。


それにしても、PTAがそんな子供にひどいことをしてるのなら、
本当に、親としては、すごいお辛いとおもいます。


ましてや、お子さんが、そんなけなげなことおっしゃってるなら、
聞いてるこちらでさえ、泣けてきます。


まったくもって、むちゃくちゃな団体のように
感じるんですよね・・・



[ 2013/07/05 13:45 ] [ 編集 ]
たびたび失礼します
お忙しいところお付き合いいただきましてありがとうございます。

御紹介いただきましたURLや対処法、大変参考になりました。

見ず知らずの私にこのように気をかけていただきまして、本当にありがたく思います。

さて、管理人様のご意見にもございましたが、「人権相談」に電話してみました。とりあえず、福岡県の法務局には一般向けと、女性向けが用意されていまして、女性向けでは、女性の相談員が対応してくださるとのことで、もしかしたら、PTAの経験がおありの相談員の方かもしれないし、同じ女性同士で話もしやすいかもしれないと思い、女性向けに電話してみました。

回答趣旨をまとめますと、
1.小学校(学校)に入学したらPTAに入会するのは義務であり、その中で活動するのも当たり前のこと。子どもが就学しているのにPTA活動をしないのは子どもにもいい影響はない。

2.活動が嫌なのは分かるが(嫌だとは言っていない。苦笑)子どもが卒業するまでの数年間がまんしてみてはどうか。

とびっくりするようなことを言われました。

1.憲法21条で結社の自由が保証されていると思うがPTAは任意の団体で入退会が自由ではないのか?

2.子どもの生命に危機がおよんでいる以上、数年がまんで乗り切るなど悠長なことを言ってられない。

と反論してみましたが、

あなたが現在掛けている電話は全福岡からつながる電話です。お住まいの地域の出先機関(支所)にも電話相談がありますので、そちらでご相談ください(同じことを言われるから、あんたも納得するやろ←相談員心の声)

あまりのことに相談員の名前も聞き忘れてしまいました(苦笑)
なんだかすごいところに住んでいたようです。

まだ、退会届を出していませんが、出す前から嫌がらせが始まっていますので、これを牽制できる指導をしてくれるところをなんとか見つけたいと思っています。
国の法務局の方がまだ理解があるようなことをどこかのページでみた気がしましたので、明日は国にかけてみようかと思っています。

なにか解決のヒントがございましたら、よろしくお願いします。
[ 2013/07/07 19:48 ] [ 編集 ]
Re: たびたび失礼します
なるほど、とんでもないところにお住まいのようですね。


PTA関係で有名な川端裕人さんというかたがおられますが、
その方のブログかなんかのコメント欄で、
F市のことが書かれていました。
市ぐるみで、PTAを任意と認めないような市なのだそうです。

そのF市は、もしかすると、福岡市だったり福岡県全体だったり
するのかもしれませんね。


リヴァイアさん、日々のわざ:
「PTAは自由に入退会できる」と公に言えない行政にはどんな事情があるのだろう(やたら長文注意)。
http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2009/06/post_2e5e.html


これを見るかぎり、F市というのは、
とんでもない悪質な市であるようです。


全国的には、ここまで悪質なところは少数派なのですが・・・


ふつうは、もっとずっと柔軟な自治体が多いです。



> 回答趣旨をまとめますと、
> 1.小学校(学校)に入学したらPTAに入会するのは義務であり、

法律相談員の方が、「義務」などとおっしゃったのであれば、
それこそ、本当に大問題です。

もし、お住まいのところが、川端さんのおっしゃるような悪質なF市であるなら、
かなり、気を引き締めていかなければなりません。


これからのやりとりは、かならず、証拠ののこる形で、やっていったほうがいいでしょうね。

電話をするなら、録音するとか。

いつもICレコーダーもちあるくとか。

文書でやりとりするとか。

あ、いちおう録音するのは、、相手に「録音するのでよろしく」とは言っておいてくださいね。


とにかく、とんでもない地域であるような気がします。

かなりデリケートな問題になりそうなので、
ここではなく、本気で


素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA-Think! PTA!
http://www.think-pta.com/

ここの、セミクローズドBBSで相談されたほうがいいですよ!


これは、かなり、腰をすえていかなければいけない気がします。







[ 2013/07/07 20:30 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
悪質福岡県住人です(笑)

福岡県PTA連合に電話してみました。
「任意入会であるかと聞かれればそうですと答えますが、周知するということは考えていません。あなたのような苦情はこちらではなく、県の社会教育課に言ってください」
って、・・・絶句しました。

とはいえ、言われたとおり社会教育課に上記のことを伝えました。
「・・・」担当者絶句でした。
「任意入会を周知させることは必要なことではあると思います。入退会の自由についてもです。しかし、現状そうなっていないことが多いです。PTA非入会が子どもに影響するようなことがあっては絶対にいけません」

と、まぁ、マニュアル通り(?)の回答はかえってきましたが、
「じゃぁ、入会の際に周知させるといった指導はされるのですか」
と突っ込んで聞いてみたところ、
「今のところ考えておりません。任意団体で個々の活動の自由は保障されますので」
って、法令違反をしていてもみのがすんかい!
さすが任意団体である暴力団が幅を利かせている福岡県!と思ってしまいました。

気がついたらライオンの巣に居を構えてたみたいな恐ろしさです。
[ 2013/07/11 06:47 ] [ 編集 ]
毎度心温まるお返事ありがとうございます
たぐさんのお人柄がにじみ出ているかのような優しいコメントありがとうございます。

本日先ほどまで学校で作業をしておりました。一緒に作業をしている方々に私の考えを話しました。

1.法律違反など固いことを言わずに会員を続けたらどうか。

2.くじで委員長になったからには3月までやってもらわないと周りに迷惑がかかる。どうしてくれる。

3.みんなで助けるから委員長を続けてくれ。

と大体3パターンの意見が出ました。
どれも福岡県オーラに満ちたすばらしい意見です。

1.法令違反だ(違法PTA)と知る前だったら続けることもできたと思うが知ってしまったので、悪いことと知りつつ活動することは私の良心が許さない。また、周りが法令違反を犯しているのに目をつぶることも私には難しい。

2.そういった意見が出ることは承知していた。でも、会員以外の人にずるいとか無責任とかいっても仕方がないのでは?

3.今までみんなで助けてくれていたのならこういうことを調べたりすることなく穏便にことを進めていたと思う。じゃぁ、私が無理だと言っている部分だけ引き受けてくれる人はいますか(誰も手を挙げず)こういった状態で「みんなで助けます」と言っても説得力がありません。私がいなくて困るというのなら、どれだけ私が仕事をしていたかお分かりなんでしょ?

毒されたみなさんには私は異端児です。

ただただ子どもたちに害が及ばないことを祈るだけです。
一応伏線として「ここにいるみなさんはさやさやさんは馬鹿。だからさやさやさんの子どもも馬鹿だよねぇ。だとお子さんの前でおっしゃったりしないでしょう。でも、そういうことをお子さんにおっしゃって、子どもの中で「じゃぁ、さやさやさんちの子には意地悪していいんだ」と間違った解釈をして嫌がらせを受けました。これって、子どもを人質に入会をせまっているとしか私には思えないんですよね。みなさんの良心を信じます。私に対する批判はいくらでも受けますが、子どもは関係ありません。どうかそれだけは忘れないでください」と付け加えておきました。

さて、どうなることやら。

追伸:多くのURLご紹介ありがとうございます。それぞれ拝見させていただき、同じ名前でコメントを残しているところもあります。
たぐさんは「こんなところ」と謙遜されていますが、なかなかどうして私の心の支えになっています。ありがとうございます。
[ 2013/07/11 13:10 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます
いろいろ話が進みました。
たぐさんに教えていただいたBBSなどにも相談し、退会届を出しました。
先方からは何も言っては来ていません。どこまでも失礼な大人と思えない「社会教育」団体だなとあきれました(苦笑)

先のコメントの後、さやさやが「辞める」と公言していたので、文書で「○月○日 19:30より会合をしますので、必ず出席してください」などと文書がきました。「夜はだめ」と言っていたのに、夜にセッティングするとは嫌がらせが過ぎると思いました。退会届を提出した後なので、堂々と欠席ですが。

うちの学校では辞めるパイオニアになってしまったので、これから風当たりが強いことと思います。これからも相談に乗ってくださいませ。どこかに見方がいると思うだけで強くなれる気がします。

[ 2013/07/16 10:38 ] [ 編集 ]
返事きました
退会届を出したら、「引継ぎとこれからの会の運営について話し合うから夜来い」と文書がきました。
非会員ですので、委員会には出席しませんと返事をしたら、以下の内容でメールが返ってきました。

PTA辞めたら
1.(集団登下校の)登校班に入れません。
2.運動会と文化祭には参加できません。
3・PTAが手伝っている行事には全て参加できません。
4・家出しても探しません(実はうちの子ぷち家出したことがあります)
5.クラスの委員も自分で代わりを探すこと。

1.同時間帯にぞろぞろと登校班関係無しで登校している現状でそんなこと言われても(登校班が設定している時間帯には絶対に登校してはいけない、などと言われれば困るけど)問題なし
2.学校の教育活動に参加できないということは、PTAと同時に学校も辞めろというのか?
3.魅力がある活動がないので問題なし
4.警察は捜してくれると思います。
5.非会員なので会の運営に口出しする立場ではありません。
とまたメールで返答しておきました。
今回メールをくれた方はただの一委員なので本部役員と違ってPTA問題について深く知らない方の意見だと思います。
まぁ、一般の方はそう思って仕方がないと思いますが、でも、ほとんどの人がそういう認識って・・・。
やっぱりだまし討ちの違法PTAってどうしても無理があるよね。

[ 2013/07/16 12:39 ] [ 編集 ]
Re: 返事きました
さやさやさん、こんにちは。

たくさんのコメントありがとうございます。

BBS相談されましたか。
それは本当に良かったです。



退会届も出されたのですね。

PTAの会員さんたちって、
自分が圧倒的多数であるためか、
自分のことを絶対正義って思っている人が
多いように感じますね。

非常に高圧的で、非人間的で、
思いやりをかんじない対応が多いんじゃないでしょうか。



> PTA辞めたら
> 1.(集団登下校の)登校班に入れません。
> 2.運動会と文化祭には参加できません。
> 3・PTAが手伝っている行事には全て参加できません。
> 4・家出しても探しません(実はうちの子ぷち家出したことがあります)
> 5.クラスの委員も自分で代わりを探すこと。

この回答も、
非常に威圧的に感じますね。

自分を絶対正義とおもってなければ
書けないような内容ですよね。

4と5は、無視しとけばいいとして、
1~3を言うのは、立派な法律違反なのでは?

このあたりを学校側が認めると、
その学校はかなり問題ありです。

特に2番ね。

学校側に確認とったほうがいいかもですね。
もし確認とるときは、
もちろん、学校側の発言は証拠の残る形にしたほうが
いいですよ。


学校側が学校行事に参加を認めないようなら、
教育法にひっかかる可能性大だとおもいます。


やるなら、
とことん、大事(おおごと)にしたほうがいいと
おもいます。

学校側はおおごとにされることを
嫌う傾向がありますから。




> 1.同時間帯にぞろぞろと登校班関係無しで登校している現状でそんなこと言われても(登校班が設定している時間帯には絶対に登校してはいけない、などと言われれば困るけど)問題なし
> 2.学校の教育活動に参加できないということは、PTAと同時に学校も辞めろというのか?
> 3.魅力がある活動がないので問題なし
> 4.警察は捜してくれると思います。
> 5.非会員なので会の運営に口出しする立場ではありません。
> とまたメールで返答しておきました。

この回答でいいんじゃないでしょうか。

なかなか模範的な回答だと感じます。

そもそも、家出した子を、
会員の子でも、
PTAが探すなんてこと、あるんですかね?

もしかしたらあるのかもしれませんが、
あまり聞いたことありませんねえ~


> 今回メールをくれた方はただの一委員なので本部役員と違ってPTA問題について深く知らない方の意見だと思います。
> まぁ、一般の方はそう思って仕方がないと思いますが、でも、ほとんどの人がそういう認識って・・・。
> やっぱりだまし討ちの違法PTAってどうしても無理があるよね。

まったくもって、その通りですね。




【いる派】PTAうざいんですけど【いらない派】7
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1372288266/l50

最近では、こういう2chの掲示板も
面白いです。

けっこう、退会者、出てきてるように感じます。


意見を同じくされる方は、わりと多いようですよ。





[ 2013/07/16 20:51 ] [ 編集 ]
Re: 返事きました
> 今回メールをくれた方はただの一委員なので本部役員と違ってPTA問題について深く知らない方の意見だと思います。

ただの一委員でもPTA会員です。
PTA会員が、こういうメールをおくってきたのは、
いい証拠づくりといえます。

このメールは、正直、脅しなんじゃないでしょうか。

知識のない人なら、
このメールを本気にしてしまう人も多いでしょう。


PTAが違法やってるっていういい証拠になると思いますよ。


知らないこととはいえ、他人に送っていいような内容じゃないでしょう?

知らないなら知らないで、上役に確認とったりするのが普通でしょう。
そういう教育を、委員やってる人に対してしてないのに、
学校に大きな顔していすわる権利をもってるっていうのが、
問題なのです。

「その人が勝手にやったこと」では、すまされませんよね。


だって、わざと、任意であることを周知してないのですから。
そして、わざと、役員や委員にPTA基礎知識おしえてないのですから。



[ 2013/07/16 21:14 ] [ 編集 ]
おだやかにいったほうがいいかもしれません
それにしても、
まだ退会もしないうちから、
おこさんを田んぼにおとすなんてことするなんて・・・

退会したら、いじめにあわせるというのは、
まだわかるんですが、
退会しないうちからっていうのは、
すごいですね。


お子さんをいじめにあわせるなんて行為は、
そのいじめた子は、未成年であろうとも
傷害罪を侵していることになります。



田んぼにおとされたりしてるのなら、
それを、PTA側や
先生に言ったほうがいいかもしれません。


PTA側の人も、おおぜいの人が
それを聞けば、さすがにバツが悪いでしょうし、

いじめをうけている子がいるなら、
先生はそれに対処する義務があるはずですから。


それでも対処してもらえないようなら、
本気で人権相談や警察いったほうがいいのでは?

PTAの問題というより、
いじめの件を強くアピールする
ほうがいいような気はしてます。

PTAの件だと共感してもらいにくいですが、
こどものイジメのこととなれば、
共感する人は多いはずです。


PTA側の人々は、
「いじめ、やるぞ!」
という暗黙の脅しくらいしか、
ひきとめる術がないことを知っているのでしょう。

でも、じっさいに、イジメをするというのは、
イジメをする側にとっても、
非常にハイリスクなことなんです。


だから、
そのイジメ問題さえなんとかすれば、
なんとでもなるとは思います。


だって、「イジメするぞ」
という暗黙の脅し以外の手段、
PTAの人たちは、持ってないですから。


もし、警察で訴える場合、
いったん、訴えたら、
ちゃんと問題が解決するまでは
訴えをとりさげてはいけないようです。
いったんでも、とりさげてしまったら、
同じ問題では二度と、
事件として取り扱ってもらえなくなるようです。

ご存知のように、PTAでは嘘つくのは
日常茶飯事ですから、
口約束で安心してはいけません。
ちゃんと証拠が残る形で、
約束してもらってからじゃないと、
安心できませんね。


訴えではなく、
相談という形なら、大丈夫なようですが・・・



相手方が、お子様に、
今よりも卑怯なことをしてくるようなら、
警察沙汰にしたほうがいいかもしれません。


だって、ほんとに傷害にあってるんですからね。

じゅうぶん、警察沙汰にする理由はあるはずです。



さてさて、

ここまでは、かなり
ケンカ腰で行く場合の意見を書きました。


でも、あまりにもケンカ腰だと、
PTAからの反発も強いですよ、やっぱり。


相手は相手で、自分のほうが正しいと思ってますから。


PTAに腹がたつ気持ちはよくわかります。

ですが、あまりにもケンカ腰だと
こちらも相当な覚悟がいるのも
事実なんですよね。


あまり、たいへんなようなら、

PTAに籍だけいれといて、
うまくさぼるとかのほうがいいんじゃないでしょうか。

いぜん、電話された仕事をもつお母さんのように
できないことはできないと、
はっきり言えれば、PTA負担はかなりラクになるでしょう。


会議などにぜんぜん出席しなくてもいいとさえおもいます。

ひきうけた役目を果たそうとしない人に対しての態度はどうか
http://pta55.blog57.fc2.com/blog-entry-83.html


このやり方のほうが、
風当たりはずっと弱いと思います。


ちなみに、
Think!PTAの
セミクローズドBBSでもオープンBBSでも

「PTAに大きな疑問はもっているけれど、
 いまだに辞めていない」

という人はたくさんいらっしゃいます。


やっぱりPTAやめるって、
精神的に大変なのですよ。



また、同じ辞めるにしても、
校長先生や教頭先生にお願いして、
ひっそりと目立たない形で辞める方法も
あります。

そのほうが、風当たりは、かなり弱いですよね。



じっさい、PTAのほうが悪くとも、
正面切って「悪い!」
といったところで、相手は反省などしませんから。

だいたい反発されます。


相手の共感をひきだす形で、
あるていど、おだやかに、
辛い状況を、うったえていくやり方のほうが、
望ましい結果は出やすいと感じています。



強硬路線でいかれるのなら、
徹底的に、本腰すえて、覚悟きめて戦う必要があります。


柔軟路線でいかれるのなら、
相手の共感などをひきだすやり方や、
相手の立場にも理解を示す必要があるとおもいます。


どちらも大変ですが、
強硬路線のほうが、より大変かなと感じてます。




どちらも、大変なのではありますけどもね。



まあ~やっぱり相談は、
クローズドBBSで相談されるほうが望ましいでしょうね。

もう相談されてるとのことですが・・・

こういう一般公開の場では、
なかなかできないようなアドバイスももらえると思います。


一般公開じゃない場っていうのは、すごい強みなんです。
(これは、すごく強調したいところです)


ほんと、公開の場では、言いたくても言えないこと、ありますからね。



クローズドBBSでは、
わたしよりも、百戦錬磨の人がそろってますし。

PTAっていうのはやはり法律問題もいろいろからんできますので、
むずかしいのですよ。


それでも、味方が一人でも多くほしいというお気持ちはよくわかりますので、
カンタンにでよろしければ、こちらでも相談にのらせていただきます。

ありがとうございました。
[ 2013/07/16 21:33 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
いまさらながらたぐさんの頭の切れ具合に脱帽です。
いちいちごもっともで、すばらしいの一言に尽きます。

先方からは
PTAやめるってことは前代未聞なんやから、中途半端にするんじゃなくて、徹底的にしてね。
というメッセージをいただきました。

訴えて欲しいのでしょうか(笑)

とりあえず、これらのメールは法令違反のオンパレードに思いますので、学校(校長)、市、県教育委員会、文科省などに抗議文を送付する際の資料として添付させていただこうと思います。

[ 2013/07/16 22:31 ] [ 編集 ]
Re: ありがとうございます
コメントありがとうございます。

> いまさらながらたぐさんの頭の切れ具合に脱帽です。
> いちいちごもっともで、すばらしいの一言に尽きます。

そうなんですか~
あんまり自分ではわからないのですが、
お役にたてたのならよかったです!


> 先方からは
> PTAやめるってことは前代未聞なんやから、中途半端にするんじゃなくて、徹底的にしてね。
> というメッセージをいただきました。
>
> 訴えて欲しいのでしょうか(笑)

絶対の自信があるのでしょうかね~

自分が絶対的正義とおもってないと言えないせりふですよね~

たんに辞めるだけなのに、そこまで大仰にいうのも、
PTAの病的さをかんじてしまいますが・・・



> とりあえず、これらのメールは法令違反のオンパレードに思いますので、学校(校長)、市、県教育委員会、文科省などに抗議文を送付する際の資料として添付させていただこうと思います。

まあ、めんどいことは、なるべくスルーしたいのが、
お役所なんで、
きなが~にいってくださいね。

まるおの雑記超のまるおさんのやりとりなどが参考になるかと思います。



[ 2013/07/20 13:26 ] [ 編集 ]
またまた
なんかPTA霊でも憑いているのでしょうか。

またまたトラブルです。

今度はPTAではないのですが、まぁ、構成員はほぼ同一の子ども会なのですが、21日の選挙の夜に夏祭りの実行委員会がありました。

さやさやは係なので夜の会合ですが行くことにしておりました。
が、ちびっ子突然の高熱!
高熱の未就学児を小学生に世話させて会合に出席するわけにもいかず、欠席の連絡をしました。

と、まぁ、ここまでは普通だったのですが、この会合子ども会だけのものではなく、自治会主催のものなので、自治会の面々も出てきているわけですね。子ども会からの係は私と、(一人一役こなすためにやってらっしゃる)なんちゃってさんと、今回書記になっている方の3人でした。なんちゃってさんは選挙関係の仕事で随分前から欠席を知らせてきてました。
私は、実行委員会の書記をされている子ども会関係者に子どもが病気であることを伝え、欠席の報告をしたのですが、どういう報告になったのか分かりませんが、「子ども会からの出席者がないとはどういうことだ」となぜか中学生の係の方(昨年までは小学生)が糾弾されたらしいです。

なんちゃってさんは「さやさやさんの無責任な行動のおかげでいろんな人に迷惑がかかった」と苦情を言ってきました。「欠席するなら代理人をたてよ」ということらしいです。

???とりあえず、日本人なので謝っておきましたが、当日子どもが熱を出して、看病に忙しい中、数時間後の会合の代理人を探さないといけない?事前(3週間前)に欠席が分かっていて、代理人を探す時間が十分にあったなんちゃってさんは「先着順の論理」か知りませんが、「休みます」と言ってそれで責任を果たしたことになるんだ・・・。

やはり恐ろしい集団です。
私がもし事前に欠席することが分かっていたら、代理人を立てて「欠席するので代理に○さんを立てました」と他の係に伝えるけど・・・。

結局、自治会の方々も同様に考えたようで、今のところ私のところにはお叱りの言葉はありませんが、なんちゃってさんは叱られたそうです「私はかなり叱られました(どうしてくれるんですか)」とメールが来た。

なんちゃってさんは自分が言ってきたことをよく理解していないようなので、「こういうことが起こりうるのなら、私は仕事を引き受けることはできません」と返事しましたが、さすが全ての仕事を私にやらせているなんちゃってさん「出来なかったらやらないって無責任な。さやさやさんが全てやってくれてるんだから、さやさやさんがいないと困るでしょ。引き受けた仕事はしっかりやってくださいということです」と返ってきました。ますます理解しがたい人です。

あぁ、引っ越したい。
[ 2013/07/23 11:23 ] [ 編集 ]
Re: またまた
うーん

いろいろと大変ですねえ・・・

子供が熱出すなんて、日常茶飯事なのに、
ほかの方はどうしてるんでしょうねえ?

まあ、急に休まれると困るし、焦ってしまうというのは
わからないではないですが、、、

だからといって、たしかに
「代理人をたてろ」というのは無理な話だと
思うのですけどね。

なんか、全体的に余裕とか思いやりが感じられないんですよね~


「やらなきゃいけない。なにがなんでも」
と思い込まされている。

そんな気がします。


[ 2013/07/29 14:55 ] [ 編集 ]
日本全国のPTA 廃止にした方がいいと思う
反対する人 いないと思いますが
[ 2013/09/04 13:09 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> 日本全国のPTA 廃止にした方がいいと思う
> 反対する人 いないと思いますが


うーん・・・

内心は廃止してほしい人は確かに多いでしょうね。

でも、反対する人はたくさんいると思いますよ。
[ 2014/03/09 22:27 ] [ 編集 ]
教員に対しては,もっと理不尽だ
公立中学の教員です。
1年前に人事異動があり,着任すると同時に事務の給料担当者にPTAには加入しないので,給料天引きでPTA会費を引き落とさないでもらいたいと伝えたのであるが,給料明細を見たら,残念ながら引き落とされているのであった。
さっそく事務員に問いただしたところ,「私に言われても困ります」,「校長先生に言ってください」と非常に無責任な返答だった。
私は校長のところに行き,事務員に対して事前にPTA会費を天引きしないように伝えたこと,PTAにはよい印象がないため会員になるつもりはないことを伝えた。
翌日,私のところに副校長が来て,「先生,何とか協力してくださいよ」,「先生以外は,全員,PTAに入っていますよ」と言ってきたので,以前,PTAの保護者にクレーマーがいて,非常に不愉快で,大変な思いをさせられたので,PTAとは関わりたくない旨を伝えた。
事務員が教員の給料からPTA会費を天引きするためには,教員から給料天引きの書類が事務に出され,校長が承認するというのが正式な手続きなのです。
その手続きを経ないで,勝手にPTA会費を給料天引きしていたのです。
これは,どう考えたってマズイでしょ。
公文書偽造,同行使,給料会計の不正,窃盗???
実行者である事務員は懲戒免職,管理監督者である校長は戒告???
にも関わらず,なぜ,被害者手背ある私が気まずい思いをしなければならないのか。
そして,強制徴収されたPTA会費の返還どころか,給料天引き解除の手続きさえ取られず,これからもPTA会費を給料天引きで取られ続ける状態のままになっているのか。
[ 2015/03/05 02:17 ] [ 編集 ]
Re:教員に対しては,もっと理不尽だ
私は大学が懇親会費を無断で天引きしていたので教授会で断ったがその後も天引きが続いたので学長を告訴してやまりしたよ(笑)。
[ 2015/04/27 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。