PTAのホントのところ

PTAで調べたこと。PTAの基礎知識と問題点。入退会自由なのか?。非会員の子は行事参加できないのか?など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[この記事を編集] [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PTAに加入しないなんて、子供のこと考えてない人なのでは?

いまの時代、生きていくだけで大変という人はいっぱいいます。自分と子供が生きていくために働いたり、学校へ行かせているだけでも、大変なことです。虐待をしているような方は別として、普通に子供を育てているというだけで、本当に素晴らしいことです。それだけで、本当に立派な親御さんだと感じます。それ以上を求めるというのは、酷ではないでしょうか。

日本は少子化ですから、子供を生み育てているだけで、すごい社会貢献もしているということでしょう。そういうことは、認めてあげないのですか?


わたしは図書館に本をいっぱい寄付したことがあります。図書館はボランティアもときどき募集してます。では、図書館に本を寄付しない人やボランティアしない人は、全員、図書館のことを大事におもっていないのでしょうか?

PTAのない学校の人は、全員、子供のことを考えてないのですか?

「親がPTA活動熱心で、家庭をかえりみず、すっごくイヤな思いをした。」という友人が実際にいます。ネットでもそのような声はよく聞きます。
PTA活動してるほうが、子供のためにならないことも、あるということです。

PTA活動してるしてないは、子供のこと考えてる考えてないに関係ないでしょう。

PTAの目的の一つが、「保護者同士の親睦を深める」です。人間として学び成長するのが目的のPTAで、異なる価値観の人を認めず批判するということ自体がおかしな話です。批判しあうより、お互いの価値観を認めあい尊重し、仲良くやっていくほうがいいのではないでしょうか。そのために、PTAはあるのではないのですか?

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。